北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

DMO、観光振興への役割重要

「観光推進組織・地域DMO運営と課題の整理」をテーマに講演する高橋教授

 来年度、観光地づくりの舵取り役を担う「DMO」(デスティネーション・マネジメント・オーガニゼーション=観光地域づくり推進法人=)への移行を目指す「ひがし北海道観光事業開発協議会」(東観協、上野洋司会長)は16日、関係機関と今後の連携や方向性を共有し合うシンポジウムを阿寒湖温泉で開いた。観光ビジネスモデル研究の第一人者で、DMO専門アドバイザーも務める近畿大学の高橋一夫教授が講演し、DMOが観光振興に果たす役割の重要性を訴えた。

 DMOは海外で普及している組織で、観光形態が多様化する中、観光庁は旅行者の幅広いニーズに柔軟に対応できる観光地経営の視点に立った日本版DMOを推進。同協議会も「広域による交通・通信課題の克服」などを目的に掲げ、観光ネットワークや交通ネットワークの機能拡大、広域効果機能をテーマにさまざまな事業を展開する「ひがし北海道・自然美への道DMO(仮称)」を7月に設立し、年内にも地域連携DMOとして認定を受ける。

 この日は道東の観光関係者約90人が出席し、高橋教授は「観光推進組織・地域DMO運営と課題の整理」などをテーマに講演。訪日外国人客の誘致の成功例などを紹介しながら、地域連携による誘客効果の促進や経済効果などDMOの役割を説明し、「みんなが観光でもうかる状況をつくることが、まちを活性化するとともに観光への関心も高める」などと語った。

関連記事

室蘭民報

坂の魅力カレンダーに、市と工大写真部の制作進む【室蘭】

 室蘭市と室蘭工業大学写真部(山本奈央部長)は、2019年のカレンダー制作に取り組んでいる。室蘭市内の「坂」を題材に写真を撮り、まちの魅力を伝える“作品”完成を目指している。  市と同大の連携事...

室蘭民報

秋の味覚に笑顔、日鋼記念病院で炭火焼きサンマに栗ご飯【室蘭】

 旬の食材を味わってもらおうと、日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の緩和ケア病棟で19日、「秋の味覚を楽しむ会」が開かれた。入院患者や家族がサンマやきのこ汁など旬の味を堪能した。  痛みや不安を和ら...

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...