北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老町立病院で深夜早朝の暖房停止 委託先と調整、体制考える

 白老町立国保病院で、2003年度から深夜早朝に暖房がストップしていることが明らかになった。施設管理を民間委託して以降、午後9時半~午前5時、冬期間は午後10時~午前4時まで委託先の嘱託職員が不在となることから、暖房が止められているという。入院患者などから「寒い」との声も上がっており、町は「委託先と調整し、体制を考えたい」としている。

 16日の町議会定例会3月会議予算等審査特別委員会で森哲也氏が取り上げた。森氏は、入院患者や付き添いの家族、さらに院内で働く職員などから、冬期間の夜間は「院内が寒い」との声が寄せられていることから、暖房の稼働実態について問いただした。

 町によると、施設管理を直営で行っていた際には24時間暖房を稼働していたものの、民間に業務委託した03年度からの暖房稼働時間が午前5時~午後9時半、冬期は午前4時~午後10時に変更されたという。原因は委託に伴う職員体制が24時間に対応できる状況にないため。これまで、電気ストーブや電気毛布などで入院患者への寒さ対策を行ってきたという。

 町は、入院患者などからも「寒い」との声が寄せられていることから、「18年度からは委託先と調整して体制を考えたい」と改善に向けて対応する意向を示した。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...