北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

倒壊ハウスの解体など

【新ひだか】2月の大雪で倒壊した農業用ビニールハウスの解体・撤去作業などを手伝ってもらうため、町大雪農業被害対策本部と町社協が募集したボランティアによる作業が17日、静内東別地区で行われた。

 町内ではミニトマトや花き用のハウスなど96戸421棟の被害があり、早期復旧へ向けた作業が行われている。

 ボランティア活動は壊れたハウスの解体、資材分別、除雪作業などを行うもので、17~19日と24~25日の計5日間を予定。17日は町内外から93人が参加し、町内飲食店で組織する新ひだかフード倶楽部も昼食にラーメンの炊き出しで協力した。

 町公民館に集合した一行は、オリエンテーションで作業の留意点などについて説明を受けた後、20人前後で4組に分かれて送迎バスや自家用車などで現地へ出発。

 このうち、静内東別の新規就農者で昨年末に建てたばかりの3棟を含む10棟中9棟が倒壊した下園雄治さん(46)のハウスでは、静内高野球部の生徒20人を含む約40人が5棟分の部品回収やビニールの撤去作業を実施。雪が解けたばかりでぬかるむ地面をものともせず、協力しながら次々と作業を行っていた。

ビニールの撤去作業などを行うボランティアの静内高野球部員ら

 ボランティアに参加した静内高野球部主将の坂田将隆君(2年)は「いつも春と夏の大会で地域の方々に応援してもらっているので、次は自分たちが助ける番だと部員たち全員が意欲的にやっています」と話していた。

 作業は午前中には終わり、下園さんは「雪もまだあったが、家族とパートで1カ月かけて4棟分を撤去するのがやっとだったので、こんなに早く終わるとは思っていなかった。除雪のときもそうだが、皆さんに助けていただけて本当にありがたい」と感謝していた。

 18日は約50人、19日は約90人が参加する予定。24~25日のボランティアは22日まで募集しており、申し込み・問い合わせは22日までに町社協地域福祉課(☎0146・43・3121)へ。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...