北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

倒壊ハウスの解体など

【新ひだか】2月の大雪で倒壊した農業用ビニールハウスの解体・撤去作業などを手伝ってもらうため、町大雪農業被害対策本部と町社協が募集したボランティアによる作業が17日、静内東別地区で行われた。

 町内ではミニトマトや花き用のハウスなど96戸421棟の被害があり、早期復旧へ向けた作業が行われている。

 ボランティア活動は壊れたハウスの解体、資材分別、除雪作業などを行うもので、17~19日と24~25日の計5日間を予定。17日は町内外から93人が参加し、町内飲食店で組織する新ひだかフード倶楽部も昼食にラーメンの炊き出しで協力した。

 町公民館に集合した一行は、オリエンテーションで作業の留意点などについて説明を受けた後、20人前後で4組に分かれて送迎バスや自家用車などで現地へ出発。

 このうち、静内東別の新規就農者で昨年末に建てたばかりの3棟を含む10棟中9棟が倒壊した下園雄治さん(46)のハウスでは、静内高野球部の生徒20人を含む約40人が5棟分の部品回収やビニールの撤去作業を実施。雪が解けたばかりでぬかるむ地面をものともせず、協力しながら次々と作業を行っていた。

ビニールの撤去作業などを行うボランティアの静内高野球部員ら

 ボランティアに参加した静内高野球部主将の坂田将隆君(2年)は「いつも春と夏の大会で地域の方々に応援してもらっているので、次は自分たちが助ける番だと部員たち全員が意欲的にやっています」と話していた。

 作業は午前中には終わり、下園さんは「雪もまだあったが、家族とパートで1カ月かけて4棟分を撤去するのがやっとだったので、こんなに早く終わるとは思っていなかった。除雪のときもそうだが、皆さんに助けていただけて本当にありがたい」と感謝していた。

 18日は約50人、19日は約90人が参加する予定。24~25日のボランティアは22日まで募集しており、申し込み・問い合わせは22日までに町社協地域福祉課(☎0146・43・3121)へ。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス