北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

副町長に松田有宏氏

 浦河町議会定例会は19日、本年度一般会計・特別会計補正予算案など追加9議案と1意見書案を原案通り可決し閉会した。任期途中の3月末で退任する山根博範副町長(62)の後任に、企画課長の松田有宏(ゆうこう)氏(52)の選任に同意した。

 4月1日に副町長に就任する松田氏は浦河町出身。浦河高、帯広畜産大草地畜産専修(2年制)を卒業し、昭和61年に役場入り。産業課、農業委員会から企画課、商工観光課係長、企画課や保健福祉課の課長補佐を経て、平成27年に企画課参事、29年4月から同課長。副町長の任期は4年間。

 追加議案の29年度一般会計補正予算案は、2億2019万3千円を減額し、総額を94億31万円にした。当初会計で見込んでいた補助金や負担金、委託料の減額や使用料、旅費などの予算調整が大半。

 意見書は、地方公務員と地方自治法の一部改正における新たな職員の処遇改善や雇用安定を求めている。

    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 副町長に選任された松田氏は19日の議会で、「責任の重さを感じている。正直、今でも不安があるが、住民の皆さんが希望と意欲を持つ町づくりを将来に引き継ぐため種をまき育て、住民サービスを的確・確実に提供できるよう池田町政を支え、町のために誠心誠意尽くしたい」とあいさつした。

 健康上の理由で平成32年6月の任期を前に3月末で退職する山根副町長は、最後となる町議会の席で、39年間の役場生活を振り返った。西舎の優駿の里公園(アエル)の開設準備や介護保険制度の導入、主力農産物に育ったイチゴ生産のカギとなったすずあかねの品種選定など、その節々で担当した事業を語り、「多くの人たちの支援があり、改めてお礼を述べたい」と感謝した。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...