北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

副町長に松田有宏氏

 浦河町議会定例会は19日、本年度一般会計・特別会計補正予算案など追加9議案と1意見書案を原案通り可決し閉会した。任期途中の3月末で退任する山根博範副町長(62)の後任に、企画課長の松田有宏(ゆうこう)氏(52)の選任に同意した。

 4月1日に副町長に就任する松田氏は浦河町出身。浦河高、帯広畜産大草地畜産専修(2年制)を卒業し、昭和61年に役場入り。産業課、農業委員会から企画課、商工観光課係長、企画課や保健福祉課の課長補佐を経て、平成27年に企画課参事、29年4月から同課長。副町長の任期は4年間。

 追加議案の29年度一般会計補正予算案は、2億2019万3千円を減額し、総額を94億31万円にした。当初会計で見込んでいた補助金や負担金、委託料の減額や使用料、旅費などの予算調整が大半。

 意見書は、地方公務員と地方自治法の一部改正における新たな職員の処遇改善や雇用安定を求めている。

    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 副町長に選任された松田氏は19日の議会で、「責任の重さを感じている。正直、今でも不安があるが、住民の皆さんが希望と意欲を持つ町づくりを将来に引き継ぐため種をまき育て、住民サービスを的確・確実に提供できるよう池田町政を支え、町のために誠心誠意尽くしたい」とあいさつした。

 健康上の理由で平成32年6月の任期を前に3月末で退職する山根副町長は、最後となる町議会の席で、39年間の役場生活を振り返った。西舎の優駿の里公園(アエル)の開設準備や介護保険制度の導入、主力農産物に育ったイチゴ生産のカギとなったすずあかねの品種選定など、その節々で担当した事業を語り、「多くの人たちの支援があり、改めてお礼を述べたい」と感謝した。

関連記事

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ...

十勝毎日新聞

機体の要 準備万端 IST2号機 28日打ち上げ【大樹】

 インターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は19日、町浜大樹の実験場で、28日打ち上げ予定の観測ロケットMOMO2号機のエンジンと、新開発の姿勢制御装置を同時に燃焼させる実験に...

十勝毎日新聞

こいのぼり 天まで泳げ 歴舟川【大樹】

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。  町と町観光協会が主催し今...

十勝毎日新聞

汗ばむ陽気 帯広21度 公園水飲み場も通水【十勝】

 20日の十勝地方は高気圧の張り出しの中にあり、前日に続いての陽気に。正午までの最高気温は幕別町糠内21.2度、足寄21.1度、音更町駒場と帯広で21.0度など管内9地点で20度以上を記録した...

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス