北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

寿大学公開講座 オホーツク太郎さん招く【根室】

講演や落語、歌謡ショーを披露したオホーツク太郎さん

 根室市寿大学運営委員会(織田勝二委員長)と市公民館は17日、同大学公開講座として「第16代オホーツク観光大使オホーツク太郎ひとり一座公演語りと歌で笑いと涙の舞台」を、市総合文化会館で開いた。寿大学に通う高齢者と、一般市民合わせて約200人が来場し、オホーツク太郎さんによる講演などに耳を傾けた。

 根室市寿大学は昭和53年から毎年65歳以上の市民を対象に学生を募集し、健康で力強く生きる高齢者として、家庭生活や社会生活に必要な課題を学習するとともに、学生同士の親睦交流を図ろうと開校している。

 オホーツク太郎さんは本業は演歌歌手で、全道各地の寿大学に招待され、講演や古典落語、弾き語り歌謡ショーなどを行っている。今回は好評だった平成27年の第1回目に続き、同大学の40周年の節目に招いた。

 オホーツク太郎さんははじめに「目指せ元気な100歳」をテーマに講演。ユニークな話術で会場の笑いを誘いながら、「よく喋りよく笑うこと」、「自分でできることは自分ですること」など元気に生活するためのアドバイスをし、「大切なのは自分から何かをする気力を持つこと」と呼び掛けた。

 このほか、落語「目薬」を披露したほか、弾き語り歌謡ショーは「生きていりゃこそ人生だ」をテーマに、自身の持ち歌や、聞きなじみのある歌を披露した。

 参加した80代女性は「とても楽しくて笑うことができた」と、振り返っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...