北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大阪の宮崎さん最優秀賞 厚沢部コロッケコンテスト【厚沢部】

最優秀賞に輝いた「ひこま豚の肉みそコロッケ」

 【厚沢部】町特産のジャガイモ・メークインを使ったコロッケ料理のアイデアを競う「第5回あっさぶメークイン・コロッケ・コンテスト」の最終審査が17日、道の駅あっさぶで行われた。最優秀賞には、大阪府在住の宮崎茉実さんの「ひこま豚の肉みそコロッケ」が選ばれた。このコロッケは春の大型連休ごろに商品化され、同道の駅や東京都内のアンテナショップなどで販売される予定。  コンテストは「素敵な過疎づくり株式会社」などでつくる実行委の主催。今回は道南をはじめ札幌市や網走市、遠くは大阪の計18人から応募が寄せられ、最終審査には8作品が残った。  最終審査では食べやすさや味、地域性などを審査項目に、京王プラザホテル札幌の丸山時能名誉総料理長や光塩調理製菓専門学校(札幌市)の本多卓也教授、フードスタイリストの八木橋こずえさんらが8作品を試食。隠し味や食感、食材の栄養を工夫しようとさまざまな思いが込められた作品に、審査員も頭を悩ませていた。  最優秀賞の「ひこま豚―」は、大きめに切った道南産のひこま豚を使い、食感のアクセントにナガイモとゴマ、弾力を出すためこんにゃくを加えた丸形のコロッケで、「がっつり食べたいなと思ったときに思い浮かんだものがお肉だった」としている。このほか優秀賞に3作品が選ばれた。  来場者にもコロッケが振舞われ、さまざまな工夫が詰まった作品に感心していた。審査員らは「毎年新しい作品が出てくることを素晴らしく思い、中でも最優秀賞の作品はインパクトが強かった」「道の駅あっさぶのコロッケは手作りでおいしい。点数を付けるのに非常に苦労した」などと作品を評価し、厚沢部町の名前とメークインの認知度アップに期待を寄せた。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...