北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大阪の宮崎さん最優秀賞 厚沢部コロッケコンテスト【厚沢部】

最優秀賞に輝いた「ひこま豚の肉みそコロッケ」

 【厚沢部】町特産のジャガイモ・メークインを使ったコロッケ料理のアイデアを競う「第5回あっさぶメークイン・コロッケ・コンテスト」の最終審査が17日、道の駅あっさぶで行われた。最優秀賞には、大阪府在住の宮崎茉実さんの「ひこま豚の肉みそコロッケ」が選ばれた。このコロッケは春の大型連休ごろに商品化され、同道の駅や東京都内のアンテナショップなどで販売される予定。  コンテストは「素敵な過疎づくり株式会社」などでつくる実行委の主催。今回は道南をはじめ札幌市や網走市、遠くは大阪の計18人から応募が寄せられ、最終審査には8作品が残った。  最終審査では食べやすさや味、地域性などを審査項目に、京王プラザホテル札幌の丸山時能名誉総料理長や光塩調理製菓専門学校(札幌市)の本多卓也教授、フードスタイリストの八木橋こずえさんらが8作品を試食。隠し味や食感、食材の栄養を工夫しようとさまざまな思いが込められた作品に、審査員も頭を悩ませていた。  最優秀賞の「ひこま豚―」は、大きめに切った道南産のひこま豚を使い、食感のアクセントにナガイモとゴマ、弾力を出すためこんにゃくを加えた丸形のコロッケで、「がっつり食べたいなと思ったときに思い浮かんだものがお肉だった」としている。このほか優秀賞に3作品が選ばれた。  来場者にもコロッケが振舞われ、さまざまな工夫が詰まった作品に感心していた。審査員らは「毎年新しい作品が出てくることを素晴らしく思い、中でも最優秀賞の作品はインパクトが強かった」「道の駅あっさぶのコロッケは手作りでおいしい。点数を付けるのに非常に苦労した」などと作品を評価し、厚沢部町の名前とメークインの認知度アップに期待を寄せた。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...