北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大阪の宮崎さん最優秀賞 厚沢部コロッケコンテスト【厚沢部】

最優秀賞に輝いた「ひこま豚の肉みそコロッケ」

 【厚沢部】町特産のジャガイモ・メークインを使ったコロッケ料理のアイデアを競う「第5回あっさぶメークイン・コロッケ・コンテスト」の最終審査が17日、道の駅あっさぶで行われた。最優秀賞には、大阪府在住の宮崎茉実さんの「ひこま豚の肉みそコロッケ」が選ばれた。このコロッケは春の大型連休ごろに商品化され、同道の駅や東京都内のアンテナショップなどで販売される予定。  コンテストは「素敵な過疎づくり株式会社」などでつくる実行委の主催。今回は道南をはじめ札幌市や網走市、遠くは大阪の計18人から応募が寄せられ、最終審査には8作品が残った。  最終審査では食べやすさや味、地域性などを審査項目に、京王プラザホテル札幌の丸山時能名誉総料理長や光塩調理製菓専門学校(札幌市)の本多卓也教授、フードスタイリストの八木橋こずえさんらが8作品を試食。隠し味や食感、食材の栄養を工夫しようとさまざまな思いが込められた作品に、審査員も頭を悩ませていた。  最優秀賞の「ひこま豚―」は、大きめに切った道南産のひこま豚を使い、食感のアクセントにナガイモとゴマ、弾力を出すためこんにゃくを加えた丸形のコロッケで、「がっつり食べたいなと思ったときに思い浮かんだものがお肉だった」としている。このほか優秀賞に3作品が選ばれた。  来場者にもコロッケが振舞われ、さまざまな工夫が詰まった作品に感心していた。審査員らは「毎年新しい作品が出てくることを素晴らしく思い、中でも最優秀賞の作品はインパクトが強かった」「道の駅あっさぶのコロッケは手作りでおいしい。点数を付けるのに非常に苦労した」などと作品を評価し、厚沢部町の名前とメークインの認知度アップに期待を寄せた。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス