北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

門型金属探知機の運用を開始 急増する金密輸対策強化-新千歳

新千歳で運用を開始した門型金属探知機

 急増する金密輸の対策強化に向けて函館税関千歳税関支署は20日、新千歳空港国際線ターミナルビル内の入国検査場で門型金属探知機4台の運用を開始した。探知精度の調整機能を備える機器で状況に合わせた厳しいチェックと人の流れを止めない素早い検査ができる。担当者は「厳格、迅速な検査を行いたい」とし、現状に歯止めを掛ける構えだ。

 金密輸入は、輸入時に税関で消費税を納付せずに日本に持ち込み、8%の消費税額を加えた額で売却して利益を得ようとする犯行。同支署によると、青森、秋田、旭川、函館空港を含む函館税関管内の金密輸犯の摘発実績は、2016年が前年比1・5倍の3件(押収量12キロ)、17年が5・7倍の17件(40キロ)。新千歳での17年実績は前年比4・3倍の13件に上る。

 密輸犯は香港や中国、台湾、マレーシア、タイなどから訪れるケースが多く、上着やズボン、荷物の収納に隠すなど巧妙化してきた。今月函館空港でブラジャーにおわん型の金を隠し持っていた複数の女性が逮捕されている。

 財務省関税局は取り締まり強化のため昨年11月、▽検査の強化▽処罰の強化▽情報収集・分析―を3本柱とする「ストップ金密輸」緊急対策を講じた。検査強化の一環として、今年から門型の金属探知機を全国で順次導入。函館税関管内での新千歳への導入は、函館空港に続く2番目となる。

 門型金属探知機は縦約2メートル、横約90センチ、奥行き約70センチ。密輸犯が多いとみられる便の旅客に対して使用頻度を上げる見込みだ。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...