北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

門型金属探知機の運用を開始 急増する金密輸対策強化-新千歳

新千歳で運用を開始した門型金属探知機

 急増する金密輸の対策強化に向けて函館税関千歳税関支署は20日、新千歳空港国際線ターミナルビル内の入国検査場で門型金属探知機4台の運用を開始した。探知精度の調整機能を備える機器で状況に合わせた厳しいチェックと人の流れを止めない素早い検査ができる。担当者は「厳格、迅速な検査を行いたい」とし、現状に歯止めを掛ける構えだ。

 金密輸入は、輸入時に税関で消費税を納付せずに日本に持ち込み、8%の消費税額を加えた額で売却して利益を得ようとする犯行。同支署によると、青森、秋田、旭川、函館空港を含む函館税関管内の金密輸犯の摘発実績は、2016年が前年比1・5倍の3件(押収量12キロ)、17年が5・7倍の17件(40キロ)。新千歳での17年実績は前年比4・3倍の13件に上る。

 密輸犯は香港や中国、台湾、マレーシア、タイなどから訪れるケースが多く、上着やズボン、荷物の収納に隠すなど巧妙化してきた。今月函館空港でブラジャーにおわん型の金を隠し持っていた複数の女性が逮捕されている。

 財務省関税局は取り締まり強化のため昨年11月、▽検査の強化▽処罰の強化▽情報収集・分析―を3本柱とする「ストップ金密輸」緊急対策を講じた。検査強化の一環として、今年から門型の金属探知機を全国で順次導入。函館税関管内での新千歳への導入は、函館空港に続く2番目となる。

 門型金属探知機は縦約2メートル、横約90センチ、奥行き約70センチ。密輸犯が多いとみられる便の旅客に対して使用頻度を上げる見込みだ。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...