北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

災害情報住民に届ける 留萌振興局ともえるが協定締結

災害情報等の放送に関する協定を締結しガッチリと握手を交わす松浦局長(左)と佐藤社長

 留萌振興局と株式会社エフエムもえる(本社・留萌市、佐藤太紀社長)は20日、災害情報等の放送に関する協定を締結した。同振興局によると、道と道内コミュニティーFM局との協定締結は2カ所目で、道北地域では初めて。

 道は平成28年12月に日本コミュニティFM放送協会北海道地区協議会(加盟22社)との間に「災害時における放送要請に関する協定」を締結。災害が発生、または発生の恐れがある場合にラジオを通して災害情報の提供などを実施することで地域住民の生命、身体および財産を守り地域の安全確保に役立てようというもの。

 振興局とエフエムもえるとの協定は、放送を通じて地域住民に振興局や自治体から発信する支援物資や避難所の状況などの情報を提供することが目的。同放送局の送信エリアは留萌市全域と小平町、増毛町の一部だが、エリア外の町村にはインターネットサイマル放送により提供する。

 午前10時半から留萌合同庁舎2階応接室で行われた調印式には、松浦豊振興局長と佐藤社長が出席し、関係者が見守る中、協定書に署名、交換したあとガッチリと握手を交わした。

 松浦局長は「東日本大震災で得られた教訓から、災害時の情報伝達手段の多様化が求められている。今回の協定により、振興局からの情報伝達の多重化が図られる。留萌地域にとって協定が履行されないことが一番だが、災害発生時には地域密着型のきめ細かな情報発信が可能となるときたいしている」、佐藤社長は「阪神淡路大震災以降、コミュニティーFM局の重要性は非常に高まっている。被災直後の生命の安全確保もさることながら、長期化すれば配給、配水、ゴミの集積など生活の問題に直面する。放送法に従って活動している立場として、情報発信は協定がなくてもやるべきことだが、明確に締結することでより強固な協力体制を打ち出すことができる」とそれぞれあいさつした。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...