北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

来月22日にバル街、23、24日に料理学会【函館】

バル街と料理学会のポスターを手に来場を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「第29回函館西部地区バル街」(実行委主催)が4月22日、同地区で開かれる。また、同23、24両日には「第7回世界料理学会inHAKODATE」(同)を市芸術ホールなどで開催。両イベントともチケットを販売している。

 バル街は、2004年4月から毎年春と秋の2回開く1日限りのイベントで、市民や観光客にも定着。昨年はGマークで知られるグッドデザイン賞に入賞、ベスト100と地域づくり特別賞を受賞しており、高い評価を受けた後初めての開催となる。計71店が参加し、初参加は7店。西部地区の古建築リノベーション新規店やカムバック店が続々と参加するほか、弘前市、青森市から2店が初参加し、多彩な顔触れがそろう。明るいうちからまち歩きを楽しむ「昼バル」のため、午後4時半までに開店する店が53店で、ドリンクがノンアルコールのみの店も1店ある。

 前売り券(5枚つづり3500円)を販売中で、当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。ホームページ(http://www.barーgai.com/)での購入予約も可。

 世界料理学会はスペイン・バスク地方サンセバスチャンで始まり、函館でも09年から1年半に1回のペースで開催。気鋭の料理人たちが料理哲学や食材、調理手法などを論じ合う場で、今回は「山菜(自然の山野草)」がテーマ。

 登壇者は計28人で、地元・函館からは石川町の洋菓子店「チッチョパスティッチョ」の大桐幸介さんが出る。一般の人でも聴講でき、聴講券は前売り2500円、当日3000円。

 23日夜には、交流パーティーが五島軒本店で開かれ、料金は前売り6000円、当日6500円。24日には五稜郭タワーアトリウムで「北海道・青森県食材見本市」(渡島総合振興局など共催)も。入場無料。

 両イベントの実行委代表を務めるレストラン・バスク(松陰町)のオーナーシェフ深谷宏治さんは「両方とも函館が原点。函館の食の深みを日本、世界に発信できれば」と話している。

 両イベントとも問い合わせはバスク(0138・56・1570)へ。

関連記事

根室新聞

9月2日「健康まつり」意識高揚に充実【根室】

 第22回ねむろ健康まつり(実行委員長、北村舜誠国保運営協議会長)が9月2日午前10時から市総合文化会館で開かれる。「ふれあい健康フェスティバル」をサブタイトルに、市民の健康維持増進を目的に毎年開か...

十勝毎日新聞

初の演芸フェスタ 16団体300人出演【帯広】

 十勝管内外で活動するアーティストや文化団体が一堂に会し、それぞれのパフォーマンスを披露する「とかち演芸フェスタ2018」(実行委主催)が19日午前10時~午後7時、帯広市内の駅北多目的広場(夢の...

室蘭民報

子ども相撲白熱、虻田神社例大祭が開幕【洞爺湖町】

 胆振西部に晩夏の訪れを告げる虻田神社(洞爺湖町青葉町、野々村國男宮司)の例大祭が16日に始まった。初日の宵宮祭は、雨降りにもかかわらず、参拝客や子どもたちなど大勢の人でにぎわった。  宵宮...

室蘭民報

がんと共生…室蘭から発信、25~26日にRFL【室蘭】

 がんに負けない社会づくりを目指した、がん患者支援チャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)2018室蘭」(同実行委員会など主催、室蘭民報社など後援)は25~26日、室蘭市祝...

根室新聞

26日「歯舞こんぶ祭り」料理・アトラクション多彩【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)が主催する「第12回歯舞こんぶ祭り」が26日午前10時から歯舞漁協中央市場内・屋根付き岸壁を会場に開催される。今年も例年人気の「昆布うど...