北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭出身の舞踊家・篠崎さんが4月8日に初の古里公演【室蘭】

古里での初公演をPRする篠崎さん

 室蘭出身で女形を演じる日本舞踊家の篠崎月美さん=本名太郎、神奈川県在住=らの舞踊公演が4月8日午後5時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。篠崎さんが地元で公演するのは初めて。女性の波瀾(はらん)万丈の生涯や感情の起伏の激しさを美しく妖艶に表現し、観衆を魅了する。

 篠崎さんは母の影響で日本舞踊を始めた10歳ごろから、女形として活躍。市内の高校を卒業後に上京し、藤間勘叟(かんそう)氏や藤間秀嘉氏に師事。台湾公演などにも出演し、活躍の幅を広げている。

 演じるのは、好意を抱いた若く美しい僧を、蛇となって鐘の中で焼き殺した娘の後日談である地唄「鐘ケ岬」、吉原一の美貌を誇る遊女がいくら待っても現れない恋人を思って舞う長唄「傾城」の2曲。

 関係者は「娘が抱く男への執念やかわいらしさ。遊女の客との駆け引きや恋人を思い、揺れ動く女心を感じてほしい」と見どころをPRする。室蘭藤間会の師範・藤間真之輔さんも長唄・松の三番叟を舞う。

 御鑑賞券(2500円)の希望、公演の詳細・問い合わせは篠崎さん、携帯電話070・5580・0063へ。

京鹿子娘道成寺

高尾懺悔

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...