北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

福祉コミュニティエリア「コンテ日吉」オープン【函館】

飯田理事長(中央)らによって行われたテープカット

 医療・介護、住まい、生活支援などのサービスを一体的に提供する「福祉コミュニティエリア コンテ日吉」(函館市日吉町4)の主要施設のオープンセレモニーが24日、同施設内の多世代交流センターで開かれた。医療・福祉関係者や市議会議員など約80人が出席。地域包括ケアシステムの構築に向けた先進的モデルの誕生に大きな期待を寄せた。

 同エリアは、函館市のプロポーザルによって選ばれた医療法人社団・善智寿会(飯田善樹理事長)を代表法人とするグループが整備を進めてきた。今回は特別養護老人ホームやグループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などが完成したほか、地域コミュニティー活動の拠点となる多世代交流センターも稼働を開始。同センターには郵便局や歯科医院、コインランドリーなどのテナントも入居し、一般市民も自由に利用することができる。

 セレモニーで飯田理事長は「国内でも例がない大規模のプロジェクトに関わることになり、喜びと不安の中で夢中になって走ってきた。少子高齢化の時代に向けてコンテ日吉の果たす役割は大きい。他の自治体の参考になれるよう頑張っていきたい」と語った。続いて飯田理事長らによるテープカットが行われ、会場は祝福の拍手に包まれた。

 この後、同センターと特別養護老人ホーム「ベルソーレ」、地域密着型養護老人ホーム「志」で内覧会を実施。参加者は各施設の利便性や快適性などについて細かくチェックしていた。

 25日午前10時~午後4時には一般向け内覧会が行われる。予約不要で、希望者は直接施設へ。問い合わせは0138・30・7777(ベルソーレ)へ。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...