北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

クルーズ船で夕日ウオッチング【釧路】

 進学や転勤などで釧路を離れる人たちに、世界三大夕日と言われる釧路の夕日を思い出にしてもらおう―と25日、釧路夕日観光クルーズ船「シークレイン」を運航するアイコム(釧路町北都2、佐久間陽介社長)が希望者を無料招待。親子連れなど25人が洋上からの夕日ウオッチングを楽しんだ。

 「釧路の夕日また会おうぜクルーズ」と銘打った無料招待クルーズは、船上からの眺めを楽しんでもらい、またいつか釧路に帰ってきてほしいという思いを込めて企画された。

 この日は朝から曇り空でせっかくの夕日クルーズの運航が心配されていたが、午後からは太陽が顔を出し、予定通りサンセットクルーズが行われた。

 釧路での勤務が12年間で2人の子供に恵まれ、次は茨城に転勤する家族は元気に仲良くクルーズ船へ。さらに釧路生活2年で転勤になる家族は「釧路での良い思い出になります」と釧路市大町1の船乗り場からクルーズ船に乗り込み、夕日を見つめながらの90分間の洋上散歩に向かった。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...