北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

倒壊した灯台引き揚げ 留萌港の安全を確保

発達した低気圧の影響による強風や高波により倒壊し引き揚げられた留萌港の灯台

 昨年12月に発達した低気圧の影響による強風や高波により倒壊し、海底に沈んだままになっていた留萌港西防波堤南灯台が24日、引き揚げられた。土台を残して折れた約12メートルの灯台部分は、本体、踊り場、LED(発光ダイオード)の集合体部分、屋根の四つに分かれていた。

 留萌海上保安部によると、作業は午前10時から2時間ほど行われ、民間企業のダイバーが水深9~17メートルの海底で灯台の各部分にワイヤーを回し、クレーン船で引き揚げた。

 留萌海保では、今回の件について、ホームページなどで提供している海の安全情報、留萌管内船舶安全対策協議会を通じ、船舶運航者などの関係者に周知した。

 同海保は「引き揚げを行ったことにより、灯台部分が沈んでいた海底部分の安全が確保された。現在設置されている仮設灯台で周囲の安全をよく確認して運行してほしい」と話している。

 灯台があった場所には鋼製の仮設灯台が設けられている。新たな灯台の設置工事を行うまでには防波堤の状態を詳しく調べる必要があり、見通しは立っていない。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...