北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌新聞社杯第5回職場対抗カラオケ王座決定戦 白鴎印刷の鈴木さん初優勝

 

留萌新聞社の原田社長から賞金を受け取る優勝した白鴎印刷の鈴木さん(左)

 留萌新聞社創刊60周年記念事業第2弾となる第5回留萌新聞社杯職場対抗カラオケ王座決定戦が、26日午後6時半から留萌市文化センターで開かれた。職場の仲間や身内、友人ら約700人が詰めかけ、出場した12人全員が90点以上を獲得する高レベルの戦いを応援した。今回は3ブロックの予選を勝ち抜いた3人と敗者復活者1人の計4人で決勝が行われ、白鴎印刷株式会社の鈴木海郷さんが初優勝し、特別養護老人ホーム萌寿園の天野千鶴さんの3連覇を阻止した。

 予選は各ブロックの1位が決勝に進出。森田仁さんが第4回に続いて司会を担当し、会場を盛り上げた。音程やテクニック、リズムなどを審査する採点機能付きカラオケマシンを使用し、得点で順位を競った。

 予選Aブロックは、2連覇の天野さんが決勝を含め最高の99・613点でさすがの歌唱力を見せて勝ち抜き。Bブロックはホテル神居岩の中土井梨乃さんが97・771点で、次点の増毛町役場髙橋徳さんと0・453点の僅差を制して勝利。Cブロックは初出場で白鴎印刷の鈴木海郷さんが今大会3番目に高い98・712点で決勝進出を決めた。

 決勝戦は、3ブロックそれぞれの勝者と予選4番目の高得点を出し、敗者復活の権利を獲得した髙橋さんの4人で行われ、3人目に登場した鈴木さんが「セーラー服と機関銃」を伸びのある美声で歌いあげ、予選の天野さんの最高得点に次ぐ99・384点を獲得。トリの天野さんもV3に向け「明日への手紙」を情感たっぷりに聴かせたが、0・449点及ばず、鈴木さんが王座に輝いた。

 終了後、留萌新聞社の原田右一社長から鈴木さんに優勝トロフィーと現金10万円が手渡されたほか、2位の天野さんにトロフィーと飲食券5万円分、3位の髙橋さんにトロフィーと同3万円分、4位の中土井さんに大江戸からおけみゅうじっくはうす歌屋留萌店で2時間歌い放題となる利用券がそれぞれ贈られた。

 優勝した鈴木さんは「こんなにレベルの高い大会だとは思っていませんでした。無事に優勝できて良かった」と話し、賞金10万円の使い道については「職場の皆さんと少し豪華に使いたいです」と笑顔を見せ、次回大会へ「1年間しっかり練習します。次の大会も頑張りたいです」と抱負を述べた。

 予選と決勝の合間には、留萌歌謡クラブ会員の神林留美子さんが、昨年4月に念願のCDデビューを果たした「望郷岬」、テレビ東京の番組「THE カラオケ★バトル」で2度優勝し、2017年U―18四天王になった竹野留里さんが「望郷じょんから」などで自慢のノドを披露し、王座決定戦に花を添えた。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...