北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

深海調査研究船「かいれい」一般公開へ 21、22日に弁天岸壁【函館】

函館港での一般公開が内定した「かいれい」(○CJAMSTEC)

 函館市は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(横須賀市、JAMSTEC)が所有する深海調査研究船「かいれい」が函館港に寄港し、初の一般公開が内定したことを明らかにした。4月21日正午~午後4時、同22日午前9時~午後1時に市国際水産・海洋総合研究センター前の弁天岸壁で一般公開する。2日間で計2000人の来場を見込んでいる。

 市はJAMSTECの研究船一般公開の開催に応募し、昨年7月には、海底広域研究船「かいめい」が函館港に寄港し、1267人の市民が船内見学に訪れた。18年度も同じ制度を使い、弁天地区水深6・5メートル岸壁に停泊できる調査研究船の一般公開を要望していた。

 かいれいは1997年竣工(しゅんこう)で、母港は横須賀港。総トン数4517トン、全長106メートル、幅16メートル、喫水4・7メートル、定員60人(乗組員38人、研究者など22人)。世界最深のマリアナ海溝チャレンジャー海淵(水深1万911メートル)の潜航に成功した無人探査船「かいこう」の母船として知られる。現在は無人探査船「かいこう7000―II」の支援母船として活躍。深海底の地形や海底下の様子を調査する最新の機器を搭載する。

 かいれいの一般公開は今回が初めてだが、直近では2011年8月に函館港西埠頭(ふとう)に寄港した実績がある。一般公開は市と函館国際水産・海洋都市推進機構が共催し、船内見学ができる。申し込み不要、無料。かいれいは4月20日に入港、同23日に出港予定。

 市企画部国際水産・海洋都市推進室は「2年続けて海洋研究の最先端を担う研究船が寄港することになり、函館国際水産・海洋都市構想の実現に弾みが付く。土・日曜なので、多くの家族連れに来場してほしい。この機会にJAMSTECとの連携も一層深めたい」としている。問い合わせは同室(0138・21・3618)へ。

関連記事

日高報知新聞

吉本葵さん(静内)全国出場【新ひだか】

【新ひだか】7月26日から愛媛県今治市で行われる「第35回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」(日本ソフトテニス連盟主催)の女子個人・団体の部に出場する吉本葵さん(高静小6年)が14日、大野克之町長を表...

日高報知新聞

中村コノさん99歳に【新ひだか】

【新ひだか】18日に99歳の白寿の誕生日を迎えた中村コノさんに同日、三石港町の自宅で大野克之町長からの祝状、町社会福祉協議会の土田満副会長から祝い品が贈られた。  コノさんは三石越海町で、父小嶋興四...

根室新聞

貝殻島コンブ 出荷前にチェック入念【根室】

 今年の北方領土貝殻島コンブ漁で「サオマエコンブ」としての製品出荷時期を迎え、道水産物検査協会根室検査事務所(谷口修視所長)による製品検査が18日から始まった。この日は4班に分かれ、豊里地区から歯...

苫小牧民報

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

 千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生...

十勝毎日新聞

来春の朝ドラ「なつぞら」 十勝ロケ撮影快調【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(来年4~9月放送予定)の撮影が、管内で順調に進んでいる。19日午前には新得町で撮影風景が公開され、ヒロインの広瀬すずさんらが、大自然の中で伸び伸びと...