北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

深海調査研究船「かいれい」一般公開へ 21、22日に弁天岸壁【函館】

函館港での一般公開が内定した「かいれい」(○CJAMSTEC)

 函館市は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(横須賀市、JAMSTEC)が所有する深海調査研究船「かいれい」が函館港に寄港し、初の一般公開が内定したことを明らかにした。4月21日正午~午後4時、同22日午前9時~午後1時に市国際水産・海洋総合研究センター前の弁天岸壁で一般公開する。2日間で計2000人の来場を見込んでいる。

 市はJAMSTECの研究船一般公開の開催に応募し、昨年7月には、海底広域研究船「かいめい」が函館港に寄港し、1267人の市民が船内見学に訪れた。18年度も同じ制度を使い、弁天地区水深6・5メートル岸壁に停泊できる調査研究船の一般公開を要望していた。

 かいれいは1997年竣工(しゅんこう)で、母港は横須賀港。総トン数4517トン、全長106メートル、幅16メートル、喫水4・7メートル、定員60人(乗組員38人、研究者など22人)。世界最深のマリアナ海溝チャレンジャー海淵(水深1万911メートル)の潜航に成功した無人探査船「かいこう」の母船として知られる。現在は無人探査船「かいこう7000―II」の支援母船として活躍。深海底の地形や海底下の様子を調査する最新の機器を搭載する。

 かいれいの一般公開は今回が初めてだが、直近では2011年8月に函館港西埠頭(ふとう)に寄港した実績がある。一般公開は市と函館国際水産・海洋都市推進機構が共催し、船内見学ができる。申し込み不要、無料。かいれいは4月20日に入港、同23日に出港予定。

 市企画部国際水産・海洋都市推進室は「2年続けて海洋研究の最先端を担う研究船が寄港することになり、函館国際水産・海洋都市構想の実現に弾みが付く。土・日曜なので、多くの家族連れに来場してほしい。この機会にJAMSTECとの連携も一層深めたい」としている。問い合わせは同室(0138・21・3618)へ。

関連記事

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ...

十勝毎日新聞

機体の要 準備万端 IST2号機 28日打ち上げ【大樹】

 インターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は19日、町浜大樹の実験場で、28日打ち上げ予定の観測ロケットMOMO2号機のエンジンと、新開発の姿勢制御装置を同時に燃焼させる実験に...

十勝毎日新聞

こいのぼり 天まで泳げ 歴舟川【大樹】

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。  町と町観光協会が主催し今...

十勝毎日新聞

汗ばむ陽気 帯広21度 公園水飲み場も通水【十勝】

 20日の十勝地方は高気圧の張り出しの中にあり、前日に続いての陽気に。正午までの最高気温は幕別町糠内21.2度、足寄21.1度、音更町駒場と帯広で21.0度など管内9地点で20度以上を記録した...

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス