北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

深海調査研究船「かいれい」一般公開へ 21、22日に弁天岸壁【函館】

函館港での一般公開が内定した「かいれい」(○CJAMSTEC)

 函館市は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(横須賀市、JAMSTEC)が所有する深海調査研究船「かいれい」が函館港に寄港し、初の一般公開が内定したことを明らかにした。4月21日正午~午後4時、同22日午前9時~午後1時に市国際水産・海洋総合研究センター前の弁天岸壁で一般公開する。2日間で計2000人の来場を見込んでいる。

 市はJAMSTECの研究船一般公開の開催に応募し、昨年7月には、海底広域研究船「かいめい」が函館港に寄港し、1267人の市民が船内見学に訪れた。18年度も同じ制度を使い、弁天地区水深6・5メートル岸壁に停泊できる調査研究船の一般公開を要望していた。

 かいれいは1997年竣工(しゅんこう)で、母港は横須賀港。総トン数4517トン、全長106メートル、幅16メートル、喫水4・7メートル、定員60人(乗組員38人、研究者など22人)。世界最深のマリアナ海溝チャレンジャー海淵(水深1万911メートル)の潜航に成功した無人探査船「かいこう」の母船として知られる。現在は無人探査船「かいこう7000―II」の支援母船として活躍。深海底の地形や海底下の様子を調査する最新の機器を搭載する。

 かいれいの一般公開は今回が初めてだが、直近では2011年8月に函館港西埠頭(ふとう)に寄港した実績がある。一般公開は市と函館国際水産・海洋都市推進機構が共催し、船内見学ができる。申し込み不要、無料。かいれいは4月20日に入港、同23日に出港予定。

 市企画部国際水産・海洋都市推進室は「2年続けて海洋研究の最先端を担う研究船が寄港することになり、函館国際水産・海洋都市構想の実現に弾みが付く。土・日曜なので、多くの家族連れに来場してほしい。この機会にJAMSTECとの連携も一層深めたい」としている。問い合わせは同室(0138・21・3618)へ。

関連記事

日高報知新聞

最優秀に吉田菜緒さん(荻伏中)【浦河】

【新ひだか】第35回日高管内中学校英語暗唱大会が16日、町公民館で開かれ、最優秀賞に吉田菜緒さん(浦河町荻伏中3年)、優秀賞に谷実優さん(新冠中同)が選ばれた。2人は11月24日に札幌で開催される全道大会...

日高報知新聞

上空からえりもを満喫【えりも】

【えりも】航空自衛隊襟裳分屯基地(池田佳宏司令)は13日、国防への理解と意識向上を目的に、分屯基地のヘリポート発着でCH―47Jヘリコプター(チヌーク)の体験搭乗を行い、近隣町を含む90人の参加者が上空か...

苫小牧民報

むかわ出身の18歳・中村桐耶 コンサ札幌トップチーム昇格

 サッカーJリーグ・北海道コンサドーレ札幌は17日、札幌市内のクラブ事務所で記者会見を開き、下部組織のU―18(18歳以下)に所属するDF中村桐耶(18)=むかわ町出身=の来季のトップチーム昇格内...

苫小牧民報

山本防災相、被災3町に 土砂災害現場を視察

 山本順三防災担当相が17日、胆振東部地震で大きな被害が出た厚真、安平、むかわの3町を訪れ、厚真町の土砂災害現場などの視察や町長との意見交換に臨んだ。  山本防災担当相は、厚真町の土砂災害現場...

十勝毎日新聞

初氷を観測 今季の全国初【帯広】

 十勝地方は18日朝、上空に寒気が入り、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で冷え込んだ。最低気温は最も低い陸別で氷点下2.8度など、観測19地点中18地点で今季最低を更新した。帯広では初霜と...