北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

国交省・内閣府コンパクトシティ事業に室蘭市が選定【室蘭】

コンパクトシティーに向けた整備が始まるJR室蘭駅周辺地区

 国土交通省と内閣府が自治体の都市構造再構築に向けた施策を支援する「地方再生コンパクトシティ事業」に30日、室蘭市が道内で唯一の「モデル都市」として選ばれた。2018年度(平成30年度)から3カ年計画でJR室蘭駅周辺(中央地区)整備を進める。総額33億9500万円の大型プロジェクト。地域の活力再生に向け(仮称)環境科学館・図書館整備のほか、宮蘭フェリー就航や入江運動公園、商店街などのハード・ソフト施策によってエリアを有機的につなぐ。

 同事業は国の地方都市の再生支援策。人口減や地域経済縮小の自治体の共通課題解決に向け「地域の稼ぐ力の向上」に積極的に取り組む市を支援する。「地方再生パートナー」として省庁職員が自治体の個別相談に応じるほか、現地訪問し施策展開を後押しするのが特徴。全国77都市が応募し、32市町が選定された。

 採択された室蘭の事業は「広域交流の促進と、来街者を迎えるまちの顔としてふさわしいにぎわいの創出」がコンセプト。20年度までの3年間、都市再生整備に7億2千万円、都市公園と緑地再生に2千万円の予算が国庫補助として配分される。

 現在の中央地区は人口減少や少子高齢化で地域の活力が失われている。空き家と空き地が不規則に発生し空洞化する「都市のスポンジ化」も進み、公共インフラの更新など「解決すべき課題が山積み」(市担当者)となっている。

 そこで事業目標として①歩行者通行量15%増②公共施設利用者数約9千人増③空き店舗活用件数5件増―を掲げた。「客船・フェリー」「入江運動公園」「商店街」「文教」の区域(ゾーン)形成を進める。フェリー就航による東北との交流や新設する図書館・科学館、室蘭駅舎公園、商店街が持つ潜在性を生かしたエリア再生に取り組む。

 具体的には、公共施設や商店街情報を発信する電子案内板を整備するほか、商業者と連携した誘客イベント(街バル)やレンタサイクル実証実験を実施。地元高校生が考案した「ホタテバーガー」を地区特産品として販売する検討も進める。

 モデル都市決定を受け、青山剛市長は「図書館等の公共施設整備において財政的にも大きなメリット」と喜び、「フェリー就航と相まって室蘭駅周辺地区の回遊性、にぎわい創出につなげたい」と述べた。

関連記事

日高報知新聞

最優秀に吉田菜緒さん(荻伏中)【浦河】

【新ひだか】第35回日高管内中学校英語暗唱大会が16日、町公民館で開かれ、最優秀賞に吉田菜緒さん(浦河町荻伏中3年)、優秀賞に谷実優さん(新冠中同)が選ばれた。2人は11月24日に札幌で開催される全道大会...

日高報知新聞

上空からえりもを満喫【えりも】

【えりも】航空自衛隊襟裳分屯基地(池田佳宏司令)は13日、国防への理解と意識向上を目的に、分屯基地のヘリポート発着でCH―47Jヘリコプター(チヌーク)の体験搭乗を行い、近隣町を含む90人の参加者が上空か...

苫小牧民報

むかわ出身の18歳・中村桐耶 コンサ札幌トップチーム昇格

 サッカーJリーグ・北海道コンサドーレ札幌は17日、札幌市内のクラブ事務所で記者会見を開き、下部組織のU―18(18歳以下)に所属するDF中村桐耶(18)=むかわ町出身=の来季のトップチーム昇格内...

苫小牧民報

山本防災相、被災3町に 土砂災害現場を視察

 山本順三防災担当相が17日、胆振東部地震で大きな被害が出た厚真、安平、むかわの3町を訪れ、厚真町の土砂災害現場などの視察や町長との意見交換に臨んだ。  山本防災担当相は、厚真町の土砂災害現場...

十勝毎日新聞

初氷を観測 今季の全国初【帯広】

 十勝地方は18日朝、上空に寒気が入り、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で冷え込んだ。最低気温は最も低い陸別で氷点下2.8度など、観測19地点中18地点で今季最低を更新した。帯広では初霜と...