北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道南バスが支度金制度を導入し人材確保めざす【室蘭】

新たなドライバー確保として支度金制度を導入した道南バス

 道南バス(室蘭市東町、石橋博信代表取締役社長)が、ドライバー不足対策に知恵を絞っている。2014年(平成26年)秋には免許取得費を会社が負担する養成制度を開始したが、今年2月には支度金制度を新たに導入、人材確保につなげている。同社は「住民生活を守るため、真摯(しんし)に対応したい」と話している。

 少子高齢化や景気回復を背景にした業界横断的人手不足に加え、多額の経費がかかる大型2種を自ら取得してドライバーを目指す若年層の減少により、運転手不足が課題となっている。

 このため14年10月には養成制度を導入した。46万円を超える大型2種免許の取得費を会社が負担。3年間の雇用継続を条件に返金を免除する内容で、これまでに15人の養成につなげた。

 ただ、一層の確保が必要な状況にあり、支度金制度を新規で創設した。養成制度により室蘭エリアなど一定の解消を図ったが、苫小牧エリアなどは「まだ確保が必要な状況」という。

 支度金制度は、用途の制限なく勤務への生活準備金として20万円を支給するもので、返却の必要はない。道内大手としては札幌や道東の会社に続き4例目で、養成制度との併用も可能となっている。

 道南バスは2月21日~3月末で募集、17人が制度を使って入社した。静内エリアの運転手不足解消などにつなげた。応募者は40~50代が中心で、遠くは上富良野などからも問い合わせがあり、採用に至った。

 好反応を受け、18年度も制度を継続することを決めた。矢野輝佳取締役は「人員確保による残業軽減は、労働環境改善にもつながっています。まだ苫小牧など不足するエリアはありますが、努力を続けたい」と話している。

 道南バスは全職種合わせた社員が528人、バス380台を抱え、10営業所を展開する。運転手は380人弱の状況だが、40~60代が中心で、将来の人材育成へも、さらなる人員確保を目指している。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...