北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道南バスが支度金制度を導入し人材確保めざす【室蘭】

新たなドライバー確保として支度金制度を導入した道南バス

 道南バス(室蘭市東町、石橋博信代表取締役社長)が、ドライバー不足対策に知恵を絞っている。2014年(平成26年)秋には免許取得費を会社が負担する養成制度を開始したが、今年2月には支度金制度を新たに導入、人材確保につなげている。同社は「住民生活を守るため、真摯(しんし)に対応したい」と話している。

 少子高齢化や景気回復を背景にした業界横断的人手不足に加え、多額の経費がかかる大型2種を自ら取得してドライバーを目指す若年層の減少により、運転手不足が課題となっている。

 このため14年10月には養成制度を導入した。46万円を超える大型2種免許の取得費を会社が負担。3年間の雇用継続を条件に返金を免除する内容で、これまでに15人の養成につなげた。

 ただ、一層の確保が必要な状況にあり、支度金制度を新規で創設した。養成制度により室蘭エリアなど一定の解消を図ったが、苫小牧エリアなどは「まだ確保が必要な状況」という。

 支度金制度は、用途の制限なく勤務への生活準備金として20万円を支給するもので、返却の必要はない。道内大手としては札幌や道東の会社に続き4例目で、養成制度との併用も可能となっている。

 道南バスは2月21日~3月末で募集、17人が制度を使って入社した。静内エリアの運転手不足解消などにつなげた。応募者は40~50代が中心で、遠くは上富良野などからも問い合わせがあり、採用に至った。

 好反応を受け、18年度も制度を継続することを決めた。矢野輝佳取締役は「人員確保による残業軽減は、労働環境改善にもつながっています。まだ苫小牧など不足するエリアはありますが、努力を続けたい」と話している。

 道南バスは全職種合わせた社員が528人、バス380台を抱え、10営業所を展開する。運転手は380人弱の状況だが、40~60代が中心で、将来の人材育成へも、さらなる人員確保を目指している。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...