北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道南バスが支度金制度を導入し人材確保めざす【室蘭】

新たなドライバー確保として支度金制度を導入した道南バス

 道南バス(室蘭市東町、石橋博信代表取締役社長)が、ドライバー不足対策に知恵を絞っている。2014年(平成26年)秋には免許取得費を会社が負担する養成制度を開始したが、今年2月には支度金制度を新たに導入、人材確保につなげている。同社は「住民生活を守るため、真摯(しんし)に対応したい」と話している。

 少子高齢化や景気回復を背景にした業界横断的人手不足に加え、多額の経費がかかる大型2種を自ら取得してドライバーを目指す若年層の減少により、運転手不足が課題となっている。

 このため14年10月には養成制度を導入した。46万円を超える大型2種免許の取得費を会社が負担。3年間の雇用継続を条件に返金を免除する内容で、これまでに15人の養成につなげた。

 ただ、一層の確保が必要な状況にあり、支度金制度を新規で創設した。養成制度により室蘭エリアなど一定の解消を図ったが、苫小牧エリアなどは「まだ確保が必要な状況」という。

 支度金制度は、用途の制限なく勤務への生活準備金として20万円を支給するもので、返却の必要はない。道内大手としては札幌や道東の会社に続き4例目で、養成制度との併用も可能となっている。

 道南バスは2月21日~3月末で募集、17人が制度を使って入社した。静内エリアの運転手不足解消などにつなげた。応募者は40~50代が中心で、遠くは上富良野などからも問い合わせがあり、採用に至った。

 好反応を受け、18年度も制度を継続することを決めた。矢野輝佳取締役は「人員確保による残業軽減は、労働環境改善にもつながっています。まだ苫小牧など不足するエリアはありますが、努力を続けたい」と話している。

 道南バスは全職種合わせた社員が528人、バス380台を抱え、10営業所を展開する。運転手は380人弱の状況だが、40~60代が中心で、将来の人材育成へも、さらなる人員確保を目指している。

関連記事

日高報知新聞

最優秀に吉田菜緒さん(荻伏中)【浦河】

【新ひだか】第35回日高管内中学校英語暗唱大会が16日、町公民館で開かれ、最優秀賞に吉田菜緒さん(浦河町荻伏中3年)、優秀賞に谷実優さん(新冠中同)が選ばれた。2人は11月24日に札幌で開催される全道大会...

日高報知新聞

上空からえりもを満喫【えりも】

【えりも】航空自衛隊襟裳分屯基地(池田佳宏司令)は13日、国防への理解と意識向上を目的に、分屯基地のヘリポート発着でCH―47Jヘリコプター(チヌーク)の体験搭乗を行い、近隣町を含む90人の参加者が上空か...

苫小牧民報

むかわ出身の18歳・中村桐耶 コンサ札幌トップチーム昇格

 サッカーJリーグ・北海道コンサドーレ札幌は17日、札幌市内のクラブ事務所で記者会見を開き、下部組織のU―18(18歳以下)に所属するDF中村桐耶(18)=むかわ町出身=の来季のトップチーム昇格内...

苫小牧民報

山本防災相、被災3町に 土砂災害現場を視察

 山本順三防災担当相が17日、胆振東部地震で大きな被害が出た厚真、安平、むかわの3町を訪れ、厚真町の土砂災害現場などの視察や町長との意見交換に臨んだ。  山本防災担当相は、厚真町の土砂災害現場...

十勝毎日新聞

初氷を観測 今季の全国初【帯広】

 十勝地方は18日朝、上空に寒気が入り、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却の影響で冷え込んだ。最低気温は最も低い陸別で氷点下2.8度など、観測19地点中18地点で今季最低を更新した。帯広では初霜と...