北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛厳島神社の本殿と絵馬 道有形文化財に指定

 

道北地区を代表する歴史的価値が高い社殿であるとの評価で道指定有形文化財に指定された増毛厳島神社の本殿

 北海道教育委員会は30日、増毛町の増毛厳島神社の本殿と、同神社所有の7点の奉納絵馬を道指定有形文化財に指定した。これで道指定有形文化財は87件となり、そのうち留萌管内は苫前町の木造十一面観音立像、羽幌町の旧小納家住宅(焼尻郷土館)と合わせて4件になった。

 増毛厳島神社は、宝永年間(1704年から1708年)に創立。創建当初は海岸近くにあったとされ、明治14年に弁天町4丁目に移り、さらに明治26年に現在の稲葉町3丁目に移転した。

 道指定有形文化財となった総ケヤキづくりの本殿は、高さ約5メートル、幅約3メートル、奥行き約4メートルの大きさで明治34年に建立。函館市に現存する最古の神社である高龍寺の本堂を手掛けた越後(新潟県)の工人たちによる多彩な建築組物や彫刻で装飾され、越後大工と北海道の社寺建築との関わりを示す点で稀少なことに加え、建立以来覆屋で保護され極めて良好な状態で当初の建築形態を伝えており、道北地区を代表する歴史的価値が高い社殿であると評価された。

 一方、古くは文化9年(1812年)から明治10年にかけて奉納された7点の絵馬はいずれも縦100センチ、横170センチほどの規格の大絵馬であり、保存状態も良好。絵画としての質も高く、作者や年代も判明しており、奉納から一つの場所にまとまって伝来していることが全国的にも例が少ないことなどが評価された。

 絵馬のうち、特に「源頼光図(みなもとのらいこうず)」は、ガラスの片面に絵具で描き、反対側から鑑賞する江戸時代末期から明治時代にかけて流行した技法が使われている「ガラス絵」で特に貴重な作品であるとしている。

 同神社9代宮司の小林千秋さんは「神社はマチとともに歩むもの。増毛町の皆さんと一緒になって守り伝えてきたものが、高い評価をいただいたのがうれしい。これからも皆さんと貴重な財産の管理に努めていきたい」と話している。増毛町教育委員会は「神社と協力しながら活用に関してサポートしていきたい」とし、今後町内のイベント開催時に合わせての公開のほか、5月に町民を対象にした見学会を検討している。

 見学は事前予約が必要。希望者は厳島神社=電話0164(53)2306番=へ申し込む。拝観料は大人300円、高校生以下は無料。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...