北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛厳島神社の本殿と絵馬 道有形文化財に指定

 

道北地区を代表する歴史的価値が高い社殿であるとの評価で道指定有形文化財に指定された増毛厳島神社の本殿

 北海道教育委員会は30日、増毛町の増毛厳島神社の本殿と、同神社所有の7点の奉納絵馬を道指定有形文化財に指定した。これで道指定有形文化財は87件となり、そのうち留萌管内は苫前町の木造十一面観音立像、羽幌町の旧小納家住宅(焼尻郷土館)と合わせて4件になった。

 増毛厳島神社は、宝永年間(1704年から1708年)に創立。創建当初は海岸近くにあったとされ、明治14年に弁天町4丁目に移り、さらに明治26年に現在の稲葉町3丁目に移転した。

 道指定有形文化財となった総ケヤキづくりの本殿は、高さ約5メートル、幅約3メートル、奥行き約4メートルの大きさで明治34年に建立。函館市に現存する最古の神社である高龍寺の本堂を手掛けた越後(新潟県)の工人たちによる多彩な建築組物や彫刻で装飾され、越後大工と北海道の社寺建築との関わりを示す点で稀少なことに加え、建立以来覆屋で保護され極めて良好な状態で当初の建築形態を伝えており、道北地区を代表する歴史的価値が高い社殿であると評価された。

 一方、古くは文化9年(1812年)から明治10年にかけて奉納された7点の絵馬はいずれも縦100センチ、横170センチほどの規格の大絵馬であり、保存状態も良好。絵画としての質も高く、作者や年代も判明しており、奉納から一つの場所にまとまって伝来していることが全国的にも例が少ないことなどが評価された。

 絵馬のうち、特に「源頼光図(みなもとのらいこうず)」は、ガラスの片面に絵具で描き、反対側から鑑賞する江戸時代末期から明治時代にかけて流行した技法が使われている「ガラス絵」で特に貴重な作品であるとしている。

 同神社9代宮司の小林千秋さんは「神社はマチとともに歩むもの。増毛町の皆さんと一緒になって守り伝えてきたものが、高い評価をいただいたのがうれしい。これからも皆さんと貴重な財産の管理に努めていきたい」と話している。増毛町教育委員会は「神社と協力しながら活用に関してサポートしていきたい」とし、今後町内のイベント開催時に合わせての公開のほか、5月に町民を対象にした見学会を検討している。

 見学は事前予約が必要。希望者は厳島神社=電話0164(53)2306番=へ申し込む。拝観料は大人300円、高校生以下は無料。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...