北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

受講生が成果を披露

【新冠】町教委が7月から実施してきた小中学生向け「楽器体験講座」の成果発表会と修了式が29日、レ・コード館で開かれ、受講生4人が成果を父母らに披露した。

 町は「レ・コード&音楽によるまちづくり」を進めている。子どもたちに音楽活動の機会を提供する事業の一つとして、町内の軽音楽愛好会「ブルーホース」を講師に楽器体験講座を毎年開講している。

 平成29年度は内容をリニューアルし、より多くの子どもたちに参加してもらえるよう、これまで通年だった講座を希望する楽器ごとに4回ずつの日程に変更。7月から11月までサックス、ドラム、トロンボーン、ベース、トランペット、ピアノの各講座を順次開講したところ9人(新冠町8人、新ひだか町1人)が受講した。

 各講座終了後、5人の受講生から継続して習いたいという要望があり、1月から今回を含めて計10回にわたって練習に取り組んできた。

 成果発表会では、父母ら約20人を前に受講生とブルーホースのメンバーがビートルズの「イエスタデイ」とジャズの名曲「オンリー・ユー」を演奏。

 通常のコンサートと同様の音響や照明を使ったステージにも、堂々とした受講生の演奏にブルーホースの西條成一代表は「きっちり隣りの音を聴きながらの素晴らしい演奏だった。練習も自分から進んでやる子どもばかりで、教えるブルーホースのメンバーも大変喜んで指導していた」と話した。

 この後、山本政嗣教育長から一人ひとり修了証書が手渡された。山本教育長は「長い間、こうして一つのことを続けてやり遂げられたということは、皆さんにとって大きな経験だし、自信を持っていいこと」とたたえた。

 受講者を代表してピアノを演奏した武田芽依さん(新冠中2年)は「ほかの人と一緒に練習できるようになってからアンサンブルの楽しさを知ることができ、その時間が毎週の楽しみだった。この体験講座を通してジャズという音楽に親しみ、自分の音楽を広げることができた」、トロンボーンを演奏した福田佳宏君(新ひだか町桜丘小6年)は「ブルーホースの皆さんは分からないところがあればいつも分かりやすく教えてくれた。レ・コード館の舞台でまぶしいくらいの照明を浴びてみんなで演奏ができたのは、ブルーホースの皆さん、レ・コード館の皆さん、毎週送り迎えしてくれたお父さん、お母さんのおかげ」とそれぞれ感謝していた。

ブルーホースとともに演奏を披露する受講生たち

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...