北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

受講生が成果を披露

【新冠】町教委が7月から実施してきた小中学生向け「楽器体験講座」の成果発表会と修了式が29日、レ・コード館で開かれ、受講生4人が成果を父母らに披露した。

 町は「レ・コード&音楽によるまちづくり」を進めている。子どもたちに音楽活動の機会を提供する事業の一つとして、町内の軽音楽愛好会「ブルーホース」を講師に楽器体験講座を毎年開講している。

 平成29年度は内容をリニューアルし、より多くの子どもたちに参加してもらえるよう、これまで通年だった講座を希望する楽器ごとに4回ずつの日程に変更。7月から11月までサックス、ドラム、トロンボーン、ベース、トランペット、ピアノの各講座を順次開講したところ9人(新冠町8人、新ひだか町1人)が受講した。

 各講座終了後、5人の受講生から継続して習いたいという要望があり、1月から今回を含めて計10回にわたって練習に取り組んできた。

 成果発表会では、父母ら約20人を前に受講生とブルーホースのメンバーがビートルズの「イエスタデイ」とジャズの名曲「オンリー・ユー」を演奏。

 通常のコンサートと同様の音響や照明を使ったステージにも、堂々とした受講生の演奏にブルーホースの西條成一代表は「きっちり隣りの音を聴きながらの素晴らしい演奏だった。練習も自分から進んでやる子どもばかりで、教えるブルーホースのメンバーも大変喜んで指導していた」と話した。

 この後、山本政嗣教育長から一人ひとり修了証書が手渡された。山本教育長は「長い間、こうして一つのことを続けてやり遂げられたということは、皆さんにとって大きな経験だし、自信を持っていいこと」とたたえた。

 受講者を代表してピアノを演奏した武田芽依さん(新冠中2年)は「ほかの人と一緒に練習できるようになってからアンサンブルの楽しさを知ることができ、その時間が毎週の楽しみだった。この体験講座を通してジャズという音楽に親しみ、自分の音楽を広げることができた」、トロンボーンを演奏した福田佳宏君(新ひだか町桜丘小6年)は「ブルーホースの皆さんは分からないところがあればいつも分かりやすく教えてくれた。レ・コード館の舞台でまぶしいくらいの照明を浴びてみんなで演奏ができたのは、ブルーホースの皆さん、レ・コード館の皆さん、毎週送り迎えしてくれたお父さん、お母さんのおかげ」とそれぞれ感謝していた。

ブルーホースとともに演奏を披露する受講生たち

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...