北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

受講生が成果を披露

【新冠】町教委が7月から実施してきた小中学生向け「楽器体験講座」の成果発表会と修了式が29日、レ・コード館で開かれ、受講生4人が成果を父母らに披露した。

 町は「レ・コード&音楽によるまちづくり」を進めている。子どもたちに音楽活動の機会を提供する事業の一つとして、町内の軽音楽愛好会「ブルーホース」を講師に楽器体験講座を毎年開講している。

 平成29年度は内容をリニューアルし、より多くの子どもたちに参加してもらえるよう、これまで通年だった講座を希望する楽器ごとに4回ずつの日程に変更。7月から11月までサックス、ドラム、トロンボーン、ベース、トランペット、ピアノの各講座を順次開講したところ9人(新冠町8人、新ひだか町1人)が受講した。

 各講座終了後、5人の受講生から継続して習いたいという要望があり、1月から今回を含めて計10回にわたって練習に取り組んできた。

 成果発表会では、父母ら約20人を前に受講生とブルーホースのメンバーがビートルズの「イエスタデイ」とジャズの名曲「オンリー・ユー」を演奏。

 通常のコンサートと同様の音響や照明を使ったステージにも、堂々とした受講生の演奏にブルーホースの西條成一代表は「きっちり隣りの音を聴きながらの素晴らしい演奏だった。練習も自分から進んでやる子どもばかりで、教えるブルーホースのメンバーも大変喜んで指導していた」と話した。

 この後、山本政嗣教育長から一人ひとり修了証書が手渡された。山本教育長は「長い間、こうして一つのことを続けてやり遂げられたということは、皆さんにとって大きな経験だし、自信を持っていいこと」とたたえた。

 受講者を代表してピアノを演奏した武田芽依さん(新冠中2年)は「ほかの人と一緒に練習できるようになってからアンサンブルの楽しさを知ることができ、その時間が毎週の楽しみだった。この体験講座を通してジャズという音楽に親しみ、自分の音楽を広げることができた」、トロンボーンを演奏した福田佳宏君(新ひだか町桜丘小6年)は「ブルーホースの皆さんは分からないところがあればいつも分かりやすく教えてくれた。レ・コード館の舞台でまぶしいくらいの照明を浴びてみんなで演奏ができたのは、ブルーホースの皆さん、レ・コード館の皆さん、毎週送り迎えしてくれたお父さん、お母さんのおかげ」とそれぞれ感謝していた。

ブルーホースとともに演奏を披露する受講生たち

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...