北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来月から青森県弘前の短大講師に 胆振東部消防組合安平支署・若松淳さん

 胆振東部消防組合の安平支署警防1係長の若松淳(まこと)さん(48)が4月から、青森県弘前市にある弘前医療福祉大学短期大学部救急救命学科の講師に転身する。医師の指示を受けて薬剤の投与など、高度な処置ができる救急救命士の資格も持つ若松さん。「若い人材を育てることで、救急救命の質をもっと高めていきたい」と意気込んでいる。

 若松さんは苫小牧の高校を卒業して同組合に入り、29歳の時に救急救命士の資格を取得。救急車で搬送される傷病者の命と向き合ってきた。そして45歳から救急救命をさらに学びたいと札幌医科大大学院医学研究科に通ったことが、今回の転身につながった。

 卒業までの2年間、「論理的、科学的に学ぶことが刺激的だった」。その思いが教員を目指す道にもなった。「救急救命士を目指す若い人を指導することで、救急救命の向上にも貢献できるのでは」。

 消防士や医師、看護師などで組織し、発展途上国で救急救助支援や防災技術支援をしているNPO法人日本国際救急救助技術支援会の一員でもある。カンボジアや中米カリブ海の島国バルバドスへの派遣経験がある。救急救命の環境が整っていない現状を見て、命を扱う救急救命士を育てる大切さを肌で感じてもいた。

 昨年4月、弘前医療福祉大学短期大学部から講師への誘いがあった。「不安もあったが、新しいことに挑戦できるという気持ちの方が大きかった」と決断。今月末で消防を退職して、単身赴任する。

 教員として救急救命のさまざまな現場を想定した実習や救急処置などを教えていく。「現場色を出した講義にしていきたい」と意欲いっぱい。。9日が初講義だ。「熱い心を持った救急救命士を育てていきたい」と熱く語った。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...