北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来月から青森県弘前の短大講師に 胆振東部消防組合安平支署・若松淳さん

 胆振東部消防組合の安平支署警防1係長の若松淳(まこと)さん(48)が4月から、青森県弘前市にある弘前医療福祉大学短期大学部救急救命学科の講師に転身する。医師の指示を受けて薬剤の投与など、高度な処置ができる救急救命士の資格も持つ若松さん。「若い人材を育てることで、救急救命の質をもっと高めていきたい」と意気込んでいる。

 若松さんは苫小牧の高校を卒業して同組合に入り、29歳の時に救急救命士の資格を取得。救急車で搬送される傷病者の命と向き合ってきた。そして45歳から救急救命をさらに学びたいと札幌医科大大学院医学研究科に通ったことが、今回の転身につながった。

 卒業までの2年間、「論理的、科学的に学ぶことが刺激的だった」。その思いが教員を目指す道にもなった。「救急救命士を目指す若い人を指導することで、救急救命の向上にも貢献できるのでは」。

 消防士や医師、看護師などで組織し、発展途上国で救急救助支援や防災技術支援をしているNPO法人日本国際救急救助技術支援会の一員でもある。カンボジアや中米カリブ海の島国バルバドスへの派遣経験がある。救急救命の環境が整っていない現状を見て、命を扱う救急救命士を育てる大切さを肌で感じてもいた。

 昨年4月、弘前医療福祉大学短期大学部から講師への誘いがあった。「不安もあったが、新しいことに挑戦できるという気持ちの方が大きかった」と決断。今月末で消防を退職して、単身赴任する。

 教員として救急救命のさまざまな現場を想定した実習や救急処置などを教えていく。「現場色を出した講義にしていきたい」と意欲いっぱい。。9日が初講義だ。「熱い心を持った救急救命士を育てていきたい」と熱く語った。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...