北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来月から青森県弘前の短大講師に 胆振東部消防組合安平支署・若松淳さん

 胆振東部消防組合の安平支署警防1係長の若松淳(まこと)さん(48)が4月から、青森県弘前市にある弘前医療福祉大学短期大学部救急救命学科の講師に転身する。医師の指示を受けて薬剤の投与など、高度な処置ができる救急救命士の資格も持つ若松さん。「若い人材を育てることで、救急救命の質をもっと高めていきたい」と意気込んでいる。

 若松さんは苫小牧の高校を卒業して同組合に入り、29歳の時に救急救命士の資格を取得。救急車で搬送される傷病者の命と向き合ってきた。そして45歳から救急救命をさらに学びたいと札幌医科大大学院医学研究科に通ったことが、今回の転身につながった。

 卒業までの2年間、「論理的、科学的に学ぶことが刺激的だった」。その思いが教員を目指す道にもなった。「救急救命士を目指す若い人を指導することで、救急救命の向上にも貢献できるのでは」。

 消防士や医師、看護師などで組織し、発展途上国で救急救助支援や防災技術支援をしているNPO法人日本国際救急救助技術支援会の一員でもある。カンボジアや中米カリブ海の島国バルバドスへの派遣経験がある。救急救命の環境が整っていない現状を見て、命を扱う救急救命士を育てる大切さを肌で感じてもいた。

 昨年4月、弘前医療福祉大学短期大学部から講師への誘いがあった。「不安もあったが、新しいことに挑戦できるという気持ちの方が大きかった」と決断。今月末で消防を退職して、単身赴任する。

 教員として救急救命のさまざまな現場を想定した実習や救急処置などを教えていく。「現場色を出した講義にしていきたい」と意欲いっぱい。。9日が初講義だ。「熱い心を持った救急救命士を育てていきたい」と熱く語った。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...