北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老・アイヌ民博が閉館 来場者ら半世紀の歴史惜しむ

アイヌ文化発信の役割を担ってきた白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館=本社ドローンで撮影

 白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館が31日夕に閉館する。2020年4月に開設されるアイヌ民族の文化復興拠点「民族共生象徴空間」の整備に伴うもので、1965年オープンのポロトコタンを前身に、湖畔でアイヌ文化の伝承活動や発信を続けた53年の歴史に幕を下ろす。

 国による象徴空間の開設を前に、4月から中核施設となる国立アイヌ民族博物館の建築工事などが本格化する。このため、整備地内に位置する従来の博物館は31日の営業をもって閉じることになった。

 アイヌ民族博物館は、65年に開業したアイヌ文化の観光施設ポロトコタンが起源。資料展示や保存、調査研究などの社会教育機能を持たせたアイヌ民族博物館が84年に開館し、国内外の観光客にアイヌ文化を伝える役割を担ってきた。

 最終日となった31日は、「ハル ラン ナ」と銘打った最後のイベントを展開。伝統の踊りを披露する特別公演やチセ(家屋)の上から餅や菓子をまく「ハル ラン ナ」などを行い、来場者ら閉館を惜しみながら最後のイベントを楽しんでいた。

 札幌市から足を運んだ高橋洋さん(74)は「他の地域と違って、ここでは1日でいろんな踊りを見ることができて飽きない。国立博物館への発展させるための閉館なので、期待したい」と話した。

 家族と来館した地元白老町の村松志津子さん(61)は「年に数回は、散歩がてらに寄っている。地元に住んでいても分からないアイヌ文化について、館のガイドさんから話しを聞くこともできるので、閉館はちょっと寂しいですね」と語った。

 施設を運営してきた一般財団法人アイヌ民族博物館は、象徴空間の管理運営を担う公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構と4月1日に合併し、新法人「公益財団法人アイヌ民族文化財団」を設立。従来の職員は同文化財団の所属となり、旧社台小学校で象徴空間の開設に向けた準備作業に入る。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...