北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老・アイヌ民博が閉館 来場者ら半世紀の歴史惜しむ

アイヌ文化発信の役割を担ってきた白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館=本社ドローンで撮影

 白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館が31日夕に閉館する。2020年4月に開設されるアイヌ民族の文化復興拠点「民族共生象徴空間」の整備に伴うもので、1965年オープンのポロトコタンを前身に、湖畔でアイヌ文化の伝承活動や発信を続けた53年の歴史に幕を下ろす。

 国による象徴空間の開設を前に、4月から中核施設となる国立アイヌ民族博物館の建築工事などが本格化する。このため、整備地内に位置する従来の博物館は31日の営業をもって閉じることになった。

 アイヌ民族博物館は、65年に開業したアイヌ文化の観光施設ポロトコタンが起源。資料展示や保存、調査研究などの社会教育機能を持たせたアイヌ民族博物館が84年に開館し、国内外の観光客にアイヌ文化を伝える役割を担ってきた。

 最終日となった31日は、「ハル ラン ナ」と銘打った最後のイベントを展開。伝統の踊りを披露する特別公演やチセ(家屋)の上から餅や菓子をまく「ハル ラン ナ」などを行い、来場者ら閉館を惜しみながら最後のイベントを楽しんでいた。

 札幌市から足を運んだ高橋洋さん(74)は「他の地域と違って、ここでは1日でいろんな踊りを見ることができて飽きない。国立博物館への発展させるための閉館なので、期待したい」と話した。

 家族と来館した地元白老町の村松志津子さん(61)は「年に数回は、散歩がてらに寄っている。地元に住んでいても分からないアイヌ文化について、館のガイドさんから話しを聞くこともできるので、閉館はちょっと寂しいですね」と語った。

 施設を運営してきた一般財団法人アイヌ民族博物館は、象徴空間の管理運営を担う公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構と4月1日に合併し、新法人「公益財団法人アイヌ民族文化財団」を設立。従来の職員は同文化財団の所属となり、旧社台小学校で象徴空間の開設に向けた準備作業に入る。

関連記事

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...

函館新聞

野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」暁月さんが収録【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は、戊辰戦争終結150年を記念した事業として、野外劇のテーマソング「星のまちHakodate」のCDを制作する。19日には市芸術ホ...

函館新聞

春のバル街を満喫 西部地区、71店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が19日、同地区で開かれた。肌寒い天候にもかかわらず、多くの参加者が...