北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老・アイヌ民博が閉館 来場者ら半世紀の歴史惜しむ

アイヌ文化発信の役割を担ってきた白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館=本社ドローンで撮影

 白老町ポロト湖畔のアイヌ民族博物館が31日夕に閉館する。2020年4月に開設されるアイヌ民族の文化復興拠点「民族共生象徴空間」の整備に伴うもので、1965年オープンのポロトコタンを前身に、湖畔でアイヌ文化の伝承活動や発信を続けた53年の歴史に幕を下ろす。

 国による象徴空間の開設を前に、4月から中核施設となる国立アイヌ民族博物館の建築工事などが本格化する。このため、整備地内に位置する従来の博物館は31日の営業をもって閉じることになった。

 アイヌ民族博物館は、65年に開業したアイヌ文化の観光施設ポロトコタンが起源。資料展示や保存、調査研究などの社会教育機能を持たせたアイヌ民族博物館が84年に開館し、国内外の観光客にアイヌ文化を伝える役割を担ってきた。

 最終日となった31日は、「ハル ラン ナ」と銘打った最後のイベントを展開。伝統の踊りを披露する特別公演やチセ(家屋)の上から餅や菓子をまく「ハル ラン ナ」などを行い、来場者ら閉館を惜しみながら最後のイベントを楽しんでいた。

 札幌市から足を運んだ高橋洋さん(74)は「他の地域と違って、ここでは1日でいろんな踊りを見ることができて飽きない。国立博物館への発展させるための閉館なので、期待したい」と話した。

 家族と来館した地元白老町の村松志津子さん(61)は「年に数回は、散歩がてらに寄っている。地元に住んでいても分からないアイヌ文化について、館のガイドさんから話しを聞くこともできるので、閉館はちょっと寂しいですね」と語った。

 施設を運営してきた一般財団法人アイヌ民族博物館は、象徴空間の管理運営を担う公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構と4月1日に合併し、新法人「公益財団法人アイヌ民族文化財団」を設立。従来の職員は同文化財団の所属となり、旧社台小学校で象徴空間の開設に向けた準備作業に入る。

関連記事

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ...

十勝毎日新聞

機体の要 準備万端 IST2号機 28日打ち上げ【大樹】

 インターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は19日、町浜大樹の実験場で、28日打ち上げ予定の観測ロケットMOMO2号機のエンジンと、新開発の姿勢制御装置を同時に燃焼させる実験に...

十勝毎日新聞

こいのぼり 天まで泳げ 歴舟川【大樹】

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。  町と町観光協会が主催し今...

十勝毎日新聞

汗ばむ陽気 帯広21度 公園水飲み場も通水【十勝】

 20日の十勝地方は高気圧の張り出しの中にあり、前日に続いての陽気に。正午までの最高気温は幕別町糠内21.2度、足寄21.1度、音更町駒場と帯広で21.0度など管内9地点で20度以上を記録した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス