北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

誇れる小中一貫校に、庶路学園開校【白糠】

 釧路管内初の9年制義務教育学校の町立庶路学園(湊谷美樹治校長、児童生徒160人)の開校式、幼保連携型の認定こども園である庶路こども園(下重哲也施設長、園児60人)の開園式が1日、両園で行われた。出席者らは、0歳から15歳までの子供たちが学ぶ、新たな複合型文教施設の門出を祝った。

庶路学園は、旧庶路小学校と旧庶路中学校を義務教育学校として一体化し、庶路こども園は旧庶路幼稚園と旧庶路保育園を統合して開園した。津波対策で高台に新築した両園は合築の構造。同じ施設内で子供たちや教職員らが行き来、交流できる。地域のコミュニティー施設や防災拠点としての機能も備え、災害時には避難所となる延べ床面積約1830平方㍍の体育館のほか、太陽光発電も導入している。

 式典には、来賓をはじめ、教職員、地域住民、さらに、両園に通う子供たちなど延べ約500人が参列。庶路こども園では、園児らがくす玉を割り、歌を歌ってお祝い、笑顔の輪が広がった。庶路学園では、板谷聖一教育長が開校宣言後、棚野孝夫町長が式辞。長年にわたり、大勢の人の支えがあって、庶路地区の教育が息づいていることに感謝した。児童、生徒らには「自立、協働、剛健の校訓の下、発展することを期待している」と激励した。

 この日は、庶路学園・こども園開校記念協賛会(富田忠行会長)主催の記念祝賀会も西庶路コミュニティーセンターで開催。同協賛会が、教育振興を目的に大型スクリーンや体育館用プロジェクター、からくり時計などを寄贈した。庶路こども園の入園式は同日実施。庶路学園の入学式は5日に行われる。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス