北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

誇れる小中一貫校に、庶路学園開校【白糠】

 釧路管内初の9年制義務教育学校の町立庶路学園(湊谷美樹治校長、児童生徒160人)の開校式、幼保連携型の認定こども園である庶路こども園(下重哲也施設長、園児60人)の開園式が1日、両園で行われた。出席者らは、0歳から15歳までの子供たちが学ぶ、新たな複合型文教施設の門出を祝った。

庶路学園は、旧庶路小学校と旧庶路中学校を義務教育学校として一体化し、庶路こども園は旧庶路幼稚園と旧庶路保育園を統合して開園した。津波対策で高台に新築した両園は合築の構造。同じ施設内で子供たちや教職員らが行き来、交流できる。地域のコミュニティー施設や防災拠点としての機能も備え、災害時には避難所となる延べ床面積約1830平方㍍の体育館のほか、太陽光発電も導入している。

 式典には、来賓をはじめ、教職員、地域住民、さらに、両園に通う子供たちなど延べ約500人が参列。庶路こども園では、園児らがくす玉を割り、歌を歌ってお祝い、笑顔の輪が広がった。庶路学園では、板谷聖一教育長が開校宣言後、棚野孝夫町長が式辞。長年にわたり、大勢の人の支えがあって、庶路地区の教育が息づいていることに感謝した。児童、生徒らには「自立、協働、剛健の校訓の下、発展することを期待している」と激励した。

 この日は、庶路学園・こども園開校記念協賛会(富田忠行会長)主催の記念祝賀会も西庶路コミュニティーセンターで開催。同協賛会が、教育振興を目的に大型スクリーンや体育館用プロジェクター、からくり時計などを寄贈した。庶路こども園の入園式は同日実施。庶路学園の入学式は5日に行われる。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...