北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

小平選手の金サポート 石澤さん 大谷短大助手に【帯広】

 平昌冬季五輪女子スピードスケート500メートルの金メダリスト小平奈緒選手(31)のアシスタントスタッフを務めた、スピードスケートの元五輪日本代表、石澤志穂さん(31)=駒大苫小牧高、中札内中出=が1日、帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の生活科学科栄養士課程の教育助手として、新たなキャリアをスタートさせた。スケートでの経験を指導に生かしてもらおうと、短大では今年度、スピードスケート同好会を発足させる。石澤さんは「学生や選手の気持ちに寄り添い、自立をサポートしたい」と張り切っている。

「学生の気持ちに寄り添い、自立をサポートしたい」と実習服姿で話す石澤さん(左)と田中学長

 石澤さんは、女子中長距離のトップ選手として2010年バンクーバー、14年ソチの両冬季五輪に出場。14年春に現役を引退し、15年に帯広大谷短大に社会人枠で入学。17年春に卒業後、15年来の親友の小平選手のアシスタントスタッフになり、平昌五輪での小平選手の活躍を陰で支えた。

 1年ぶりに母校に戻った石澤さんは「わくわくしている。学生として教わる立場から伝える立場になったという責任感も強く感じている」と話す。3年間の実務経験を経て、管理栄養士の資格を取るのが当面の目標という。

 スケートの指導では「選手が自分で立てた目標に向かって自発的に動けるようなコーチングをしていきたい」と抱負を語る。十勝出身の有能な中高生スケート選手が卒業後に東京に流出する現状にも触れ、「才能がある選手がたくさんいる。地元十勝で競技生活を続けられる環境づくりの一端を担えれば」とも。

 世界のトップスケーターと二人三脚でメダルを取りに挑んだ1年間を振り返り、「(小平選手から)とにかく、いろんなものを吸収しようと必死だった。本人がベストの状態で滑れたことに満足。金メダルの喜びは今になってじわじわと感じている」と話す。

 「得るものがたくさんあった。(小平選手と一緒に取り組んだ)夢をかなえる秘訣(ひけつ)は、私にしか分からない強み。その経験を学生に伝えるのが、私に課せられた使命。スポーツだけでなく、どのカテゴリーにも共通するもの」と、気持ちを新たにする。

 早速同好会員を募集。経験の有無は問わない。短大では学内にトレーニングマシンを備えたトレーニングルームを新設し、石澤さんをサポートする。学内で体育系の本格的な同好会が発足するのは初めて。1年間の活動後に部に昇格する計画。

 石澤さんの教育助手起用を契機に、短大では1日から明治北海道十勝オーバルの広告協賛(施設内の看板表示)も始めた。

 田中学長は「十勝の重要なテーマである食に取り組む栄養士として、またスケートの指導者として、将来は短大の中心的な教員に育ってほしい」とエールを送っている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...