北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

お膳セットがSPアワードで大賞【下川】

赤ちゃんお膳セット「もりのともだち」

 札幌の木工芸品製作販売店「チエモク」(小林千枝社長)が下川町と共同開発した「赤ちゃんお膳セット・もりのともだち」が、ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の「ソーシャルプロダクツ・アワード2018」国内部門大賞に選ばれた。

 「お膳セット」は、下川町産材の需要発掘、付加価値化などを目的に、農林水産省の都市農村共生・対流総合対策交付金(2015年度から3カ年)を活用して開発。町産ハンノキを使ったお椀や皿、町産シラカバを使ったお盆、道産サクラを使ったスプーンなどがあり、チエモク独自の新技術「液体ガラス塗料を生かしたコーティング」が施され、汚れづらく劣化も防げる。

 町の幼児センターで実施したモニターの意見を取り入れ、乳幼児や保護者が片手でも使いやすいように工夫。お盆は底に滑り止めを付け、のせた食器も縁で止まるように設計。食器類も持ちやすく、すくいやすく、ひっくり返りづらい形に仕上げている。

 昨年9月からチエモク直営店やインターネットなどで販売しており、下川町も地元で誕生した子どもへ贈る「百日(ももか)の祝い・お食い初めセット」を、チエモクのお膳セットに切り替えた。価格(税別)はごはんセットで2万1000円、フルセットで3万4500円となっている。

 ソーシャルプロダクツ・アワードは、環境や人・社会への配慮「社会性」と、品質や機能、デザインなど「商品性」の両方を兼ね備えた商品・サービスを表彰するもの。チエモクは昨年11月にエントリーし、3月の表彰式で国内部門大賞を受賞した。減少する北海道の広葉樹の中で、豊富な資源量ながら製品活用されにくかった早生材に着目し、下川町産のハンノキとシラカバを活用。使い手目線の機能性とデザイン、従来の木製食器にない、使い心地と耐久性を実現している―など高い評価を受けた。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...