北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

お膳セットがSPアワードで大賞【下川】

赤ちゃんお膳セット「もりのともだち」

 札幌の木工芸品製作販売店「チエモク」(小林千枝社長)が下川町と共同開発した「赤ちゃんお膳セット・もりのともだち」が、ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の「ソーシャルプロダクツ・アワード2018」国内部門大賞に選ばれた。

 「お膳セット」は、下川町産材の需要発掘、付加価値化などを目的に、農林水産省の都市農村共生・対流総合対策交付金(2015年度から3カ年)を活用して開発。町産ハンノキを使ったお椀や皿、町産シラカバを使ったお盆、道産サクラを使ったスプーンなどがあり、チエモク独自の新技術「液体ガラス塗料を生かしたコーティング」が施され、汚れづらく劣化も防げる。

 町の幼児センターで実施したモニターの意見を取り入れ、乳幼児や保護者が片手でも使いやすいように工夫。お盆は底に滑り止めを付け、のせた食器も縁で止まるように設計。食器類も持ちやすく、すくいやすく、ひっくり返りづらい形に仕上げている。

 昨年9月からチエモク直営店やインターネットなどで販売しており、下川町も地元で誕生した子どもへ贈る「百日(ももか)の祝い・お食い初めセット」を、チエモクのお膳セットに切り替えた。価格(税別)はごはんセットで2万1000円、フルセットで3万4500円となっている。

 ソーシャルプロダクツ・アワードは、環境や人・社会への配慮「社会性」と、品質や機能、デザインなど「商品性」の両方を兼ね備えた商品・サービスを表彰するもの。チエモクは昨年11月にエントリーし、3月の表彰式で国内部門大賞を受賞した。減少する北海道の広葉樹の中で、豊富な資源量ながら製品活用されにくかった早生材に着目し、下川町産のハンノキとシラカバを活用。使い手目線の機能性とデザイン、従来の木製食器にない、使い心地と耐久性を実現している―など高い評価を受けた。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...