北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

お膳セットがSPアワードで大賞【下川】

赤ちゃんお膳セット「もりのともだち」

 札幌の木工芸品製作販売店「チエモク」(小林千枝社長)が下川町と共同開発した「赤ちゃんお膳セット・もりのともだち」が、ソーシャルプロダクツ普及推進協会主催の「ソーシャルプロダクツ・アワード2018」国内部門大賞に選ばれた。

 「お膳セット」は、下川町産材の需要発掘、付加価値化などを目的に、農林水産省の都市農村共生・対流総合対策交付金(2015年度から3カ年)を活用して開発。町産ハンノキを使ったお椀や皿、町産シラカバを使ったお盆、道産サクラを使ったスプーンなどがあり、チエモク独自の新技術「液体ガラス塗料を生かしたコーティング」が施され、汚れづらく劣化も防げる。

 町の幼児センターで実施したモニターの意見を取り入れ、乳幼児や保護者が片手でも使いやすいように工夫。お盆は底に滑り止めを付け、のせた食器も縁で止まるように設計。食器類も持ちやすく、すくいやすく、ひっくり返りづらい形に仕上げている。

 昨年9月からチエモク直営店やインターネットなどで販売しており、下川町も地元で誕生した子どもへ贈る「百日(ももか)の祝い・お食い初めセット」を、チエモクのお膳セットに切り替えた。価格(税別)はごはんセットで2万1000円、フルセットで3万4500円となっている。

 ソーシャルプロダクツ・アワードは、環境や人・社会への配慮「社会性」と、品質や機能、デザインなど「商品性」の両方を兼ね備えた商品・サービスを表彰するもの。チエモクは昨年11月にエントリーし、3月の表彰式で国内部門大賞を受賞した。減少する北海道の広葉樹の中で、豊富な資源量ながら製品活用されにくかった早生材に着目し、下川町産のハンノキとシラカバを活用。使い手目線の機能性とデザイン、従来の木製食器にない、使い心地と耐久性を実現している―など高い評価を受けた。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...