北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌管内初の女性消防士 数馬佳乃さん 勤務開始から1年

 

留萌管内では初となる女性消防士として留萌消防署で勤務している数馬佳乃さん

 昨年4月1日付で留萌市に採用され、留萌消防組合留萌消防署予防課予防係に配属された数馬佳乃さん(19)。留萌管内では初となる女性消防士として勤務を始めて1年が経過した。火災予防啓発活動や119番通報を受ける業務などを担当。数馬さんは「救急や救助など消防のどの分野でも活躍できるようになりたい」と目を輝かせている。

 数馬さんは空知管内北竜町出身。父の崇克さんは深川市に本部を置く深川地区消防組合の消防士で、父の働く姿に憧れて高校入学前に同じ消防士の道を歩みことを決めた。

 昨年4月の配属後、同11日から8月31日まで江別市の北海道消防学校で初任教育を受けた。消防の訓練礼式、機械操作、救命活動など消防士になるための知識を学び、9月1日から留萌で本格的に勤務している。

 10月の秋の火災予防運動期間中に市内の事業所を対象に行われた防火対象物立ち入り検査、今年2月に聖園幼稚園で行われた「火の用心防火豆まき」などを通じて、子供たちや事業主らに対して火災の未然防止を訴えてきた。また、留萌消防庁舎2階の通信指令室で119番通報を受ける業務にも従事している。

 本格的な勤務開始後、7カ月が経過した。数馬さんは「防火豆まきなどを通じて子供たちと触れ合うことがあり、女性だからできることもあるのかと感じます」と笑顔を見せる。その一方で「119番通報を受ける際、聞き出さなければいけないことを聞けていないこともあるので、出動する救急隊員の役に立てるようにしたいですね」と話す。

 「仕事を通じて知らない人と関われることが多く、人のためになっているなと実感します」と言う数馬さん。救急活動をする救急隊員になることを目指し、10月から江別市の北海道消防学校で約2カ月間の教育を受ける予定だ。「まだ火災や交通事故の現場に出動したことがないので、冷静に考えて動ける人になりたいですね」と話している。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...