北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

使用済み小型電子機器の拠点回収 利用伸びるが…対象外の鏡や幼児用ベッドも

7年目を迎えた苫小牧市の使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収できないベビーカーなどの持ち込み

 苫小牧市が2012年度から、市役所やコミュニティーセンターなどで展開している使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収量は年々増え、年間30トンを超えたが最近、回収ボックスにベビーカーや鏡など対象外の物が捨てられるケースも目立っており、ルールの順守を呼び掛けている。

 市はリサイクルの推進を目的に、「レアメタル」と呼ばれる貴重な資源を含む小型電子機器の拠点回収を12年4月にスタート。対象はDVDデッキやビデオカメラ、カーナビ、電話機、付属品のUSBメモリー、リモコン、ゲームソフト、イヤホン、SDカードなどで、40センチ×45センチの投入口より小さな物に限定している。冷蔵庫や冷凍庫、テレビ、エアコンなどの家電リサイクル法対象の家電は回収していない。

 回収拠点は市役所と市内四つのコミセン(豊川、住吉、沼ノ端、のぞみ)、勇払公民館、リサイクルプラザ苫小牧の計7カ所。市ゼロごみ推進課によると、回収実績は12年度は1・9トンだったが年々増え、16年度には17倍以上の約34トンに達した。

 一方で、近年は回収できない大型の電子機器のほか、ベビーカーや鏡、幼児用ベッドなど電子機器でない物が置かれることも増え、市は注意喚起の貼り紙を掲示など対策を強化中。市ゼロごみ推進課は「認知が広がり、利用が伸びた。不適切な利用も見られ、結果的に税金を使って処分するので、ルールをしっかり守ってほしい」と話している。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...