北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

使用済み小型電子機器の拠点回収 利用伸びるが…対象外の鏡や幼児用ベッドも

7年目を迎えた苫小牧市の使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収できないベビーカーなどの持ち込み

 苫小牧市が2012年度から、市役所やコミュニティーセンターなどで展開している使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収量は年々増え、年間30トンを超えたが最近、回収ボックスにベビーカーや鏡など対象外の物が捨てられるケースも目立っており、ルールの順守を呼び掛けている。

 市はリサイクルの推進を目的に、「レアメタル」と呼ばれる貴重な資源を含む小型電子機器の拠点回収を12年4月にスタート。対象はDVDデッキやビデオカメラ、カーナビ、電話機、付属品のUSBメモリー、リモコン、ゲームソフト、イヤホン、SDカードなどで、40センチ×45センチの投入口より小さな物に限定している。冷蔵庫や冷凍庫、テレビ、エアコンなどの家電リサイクル法対象の家電は回収していない。

 回収拠点は市役所と市内四つのコミセン(豊川、住吉、沼ノ端、のぞみ)、勇払公民館、リサイクルプラザ苫小牧の計7カ所。市ゼロごみ推進課によると、回収実績は12年度は1・9トンだったが年々増え、16年度には17倍以上の約34トンに達した。

 一方で、近年は回収できない大型の電子機器のほか、ベビーカーや鏡、幼児用ベッドなど電子機器でない物が置かれることも増え、市は注意喚起の貼り紙を掲示など対策を強化中。市ゼロごみ推進課は「認知が広がり、利用が伸びた。不適切な利用も見られ、結果的に税金を使って処分するので、ルールをしっかり守ってほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...