北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

使用済み小型電子機器の拠点回収 利用伸びるが…対象外の鏡や幼児用ベッドも

7年目を迎えた苫小牧市の使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収できないベビーカーなどの持ち込み

 苫小牧市が2012年度から、市役所やコミュニティーセンターなどで展開している使用済み小型電子機器の拠点回収事業。回収量は年々増え、年間30トンを超えたが最近、回収ボックスにベビーカーや鏡など対象外の物が捨てられるケースも目立っており、ルールの順守を呼び掛けている。

 市はリサイクルの推進を目的に、「レアメタル」と呼ばれる貴重な資源を含む小型電子機器の拠点回収を12年4月にスタート。対象はDVDデッキやビデオカメラ、カーナビ、電話機、付属品のUSBメモリー、リモコン、ゲームソフト、イヤホン、SDカードなどで、40センチ×45センチの投入口より小さな物に限定している。冷蔵庫や冷凍庫、テレビ、エアコンなどの家電リサイクル法対象の家電は回収していない。

 回収拠点は市役所と市内四つのコミセン(豊川、住吉、沼ノ端、のぞみ)、勇払公民館、リサイクルプラザ苫小牧の計7カ所。市ゼロごみ推進課によると、回収実績は12年度は1・9トンだったが年々増え、16年度には17倍以上の約34トンに達した。

 一方で、近年は回収できない大型の電子機器のほか、ベビーカーや鏡、幼児用ベッドなど電子機器でない物が置かれることも増え、市は注意喚起の貼り紙を掲示など対策を強化中。市ゼロごみ推進課は「認知が広がり、利用が伸びた。不適切な利用も見られ、結果的に税金を使って処分するので、ルールをしっかり守ってほしい」と話している。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...