北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海難防止へ訪船指導 出漁準備のサケマス漁船に【根室】

出漁を控える漁船に海難防止指導を行った=4日、根室港

 日本200カイリ内での太平洋小型サケ・マス漁の解禁を控えて、根室海保と釧路運輸支局は4日、根室港と花咲港で出漁準備に当たる小型サケ・マス船4隻を対象に、適切な見張りと安全航行など海難防止について指導した。

 サケ・マス流し網漁が解禁されるに当たり、多数の漁船が操業する中、同地方特有の濃霧と相まって、船舶同士の衝突海難等が懸念される。同指導は根室、釧路海保が、操業海域を共有し、主に釧路、厚岸、霧多布、花咲港を基地としているサケ・マス流し網漁船に対し、統一した内容で訪船指導を実施するもの。

 訪船指導は4日午後0時45分から根室港、午後1時半から花咲港で行われ、釧路運輸支局担当者2人、根室海保から3人が参加。10日にも解禁見込みの日本200カイリ内サケ・マス漁に向けて出漁準備に当たる4隻の漁業者らに対し、共通リーフレットなどを配布し、海難防止について指導した。

 指導では、共通の重点指導事項として、常に目視、レーダー等による適切な見張りの実施、霧発生中は自船の位置を常に把握する、居眠りに注意し、対策を講じるなど「常に見張りの徹底」、適切な発航前点検の実施、航行中の定期的な確認の励行など「機関故障の未然防止」、若手漁業者への十分な教育、作業責任者による作業の安全管理の確認、甲板上では必ずライフジャケットを着用するなど「操業者の負傷事故防止」の三点を指導したほか、海氷への注意なども呼び掛けた。

 また、根室海保がまとめた平成29年の船舶事故及び人身事故の発生状況では、船舶事故隻数は11隻でサケ・マス流し網漁での事故はなかったものの、羅臼沖で漁船8隻が海氷により航行困難となる事故などが発生した。人身事故の発生状況は全体で20人。このうち漁船の操業中における「負傷」や船内での「病気」など、船舶事故以外の乗船者の人身事故者数は12人となっている。根室海保は「作業中の安全はもとより、普段からの健康管理にも注意してほしい」と話していた。

 訪船指導は5日も午前9時から歯舞漁港で13隻の漁業者らに対し実施されている。

関連記事

日高報知新聞

藤本蓮さん(静高2年)が全国へ【新ひだか】

【新ひだか】北海道高文連の第52回全道高等学校書道展が3~5日、室蘭市体育館で開かれ、静内高2年の藤本蓮さん(17)が来年7月に佐賀県で開催の全国総文祭に出場する推薦候補者に選出された。坪朝陽さん...

日高報知新聞

全国名門農家抑えトップに【新ひだか】

【新ひだか】11日から15日にかけ東京食肉市場で開かれた「第47回全畜連肉用牛枝肉共進会」で、みついし和牛肥育組合長の畑端博志さん(63)=三石本桐=の出品牛が最優秀賞を受賞した。全国一の牛を生産した...

苫小牧民報

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 18日午前、道内外の研究者でつくる調査団30人は、厚真町役場から北東に直線で9キロ離れた幌内神社から山奥へ数キロ進み、大規模な山腹崩壊の現場から調査を開始。同町の学芸員らも同行した。  甚大...

苫小牧民報

ファイターズカフェ開業 球団、道産食材アピール-新千歳

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは19日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階で初の直営カフェレストラン「FIGHTERS DINING ROSTER(ファイターズ・ダイニング・ロスター)」を...

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...