北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海難防止へ訪船指導 出漁準備のサケマス漁船に【根室】

出漁を控える漁船に海難防止指導を行った=4日、根室港

 日本200カイリ内での太平洋小型サケ・マス漁の解禁を控えて、根室海保と釧路運輸支局は4日、根室港と花咲港で出漁準備に当たる小型サケ・マス船4隻を対象に、適切な見張りと安全航行など海難防止について指導した。

 サケ・マス流し網漁が解禁されるに当たり、多数の漁船が操業する中、同地方特有の濃霧と相まって、船舶同士の衝突海難等が懸念される。同指導は根室、釧路海保が、操業海域を共有し、主に釧路、厚岸、霧多布、花咲港を基地としているサケ・マス流し網漁船に対し、統一した内容で訪船指導を実施するもの。

 訪船指導は4日午後0時45分から根室港、午後1時半から花咲港で行われ、釧路運輸支局担当者2人、根室海保から3人が参加。10日にも解禁見込みの日本200カイリ内サケ・マス漁に向けて出漁準備に当たる4隻の漁業者らに対し、共通リーフレットなどを配布し、海難防止について指導した。

 指導では、共通の重点指導事項として、常に目視、レーダー等による適切な見張りの実施、霧発生中は自船の位置を常に把握する、居眠りに注意し、対策を講じるなど「常に見張りの徹底」、適切な発航前点検の実施、航行中の定期的な確認の励行など「機関故障の未然防止」、若手漁業者への十分な教育、作業責任者による作業の安全管理の確認、甲板上では必ずライフジャケットを着用するなど「操業者の負傷事故防止」の三点を指導したほか、海氷への注意なども呼び掛けた。

 また、根室海保がまとめた平成29年の船舶事故及び人身事故の発生状況では、船舶事故隻数は11隻でサケ・マス流し網漁での事故はなかったものの、羅臼沖で漁船8隻が海氷により航行困難となる事故などが発生した。人身事故の発生状況は全体で20人。このうち漁船の操業中における「負傷」や船内での「病気」など、船舶事故以外の乗船者の人身事故者数は12人となっている。根室海保は「作業中の安全はもとより、普段からの健康管理にも注意してほしい」と話していた。

 訪船指導は5日も午前9時から歯舞漁港で13隻の漁業者らに対し実施されている。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...