北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ラッピング列車が注目集める・北海道の自然イメージ【名寄】

宗谷本線などで運行している「道北 流氷の恵み」

 北海道の自然をイメージし、車両全体をラッピングした列車がJR宗谷本線などで運行しており、注目を集めている。

 JR北海道では、地域と連携して沿線の活性化に取り組むことを狙いに、主に普通列車で使用しているキハ40形一般気動車4両を「北海道の恵み」シリーズの車両に改造。3月下旬から順次運転を開始している。

 エリアごとに1両ずつラッピングすることにしており、「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」「道南 海の恵み」「道央 花の恵み」の列車愛称が付いている。道北エリアは3月下旬から運行開始。道東は今月、道南は6月、道央は7月ごろから運行を予定している。

 車両の外装は各エリアの自然と特色をイメージし、内装は木目の床や木材を使った座席背もたれが用いられている。座席シート生地も変更された。

 「道北 流氷の恵み」は、幻想的なオホーツク海の流氷や雄大な道北の自然を表現。オオワシやアザラシ、キツネ、フクロウ、ヒグマなどの動物も描かれている。

 キハ40形が入線する宗谷本線の旭川~音威子府間をはじめ、石北本線の新旭川~網走間、函館本線の滝川~旭川間、根室本線の滝川~東鹿越間、富良野線の旭川~富良野間、釧網本線の網走~緑間で運行する。

 ラッピング車両は1両のみで、運転区間や時刻といった車両運用は日によって異なるため、目にすることができればラッキーといえそうで、存在が際立っている。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...