北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ラッピング列車が注目集める・北海道の自然イメージ【名寄】

宗谷本線などで運行している「道北 流氷の恵み」

 北海道の自然をイメージし、車両全体をラッピングした列車がJR宗谷本線などで運行しており、注目を集めている。

 JR北海道では、地域と連携して沿線の活性化に取り組むことを狙いに、主に普通列車で使用しているキハ40形一般気動車4両を「北海道の恵み」シリーズの車両に改造。3月下旬から順次運転を開始している。

 エリアごとに1両ずつラッピングすることにしており、「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」「道南 海の恵み」「道央 花の恵み」の列車愛称が付いている。道北エリアは3月下旬から運行開始。道東は今月、道南は6月、道央は7月ごろから運行を予定している。

 車両の外装は各エリアの自然と特色をイメージし、内装は木目の床や木材を使った座席背もたれが用いられている。座席シート生地も変更された。

 「道北 流氷の恵み」は、幻想的なオホーツク海の流氷や雄大な道北の自然を表現。オオワシやアザラシ、キツネ、フクロウ、ヒグマなどの動物も描かれている。

 キハ40形が入線する宗谷本線の旭川~音威子府間をはじめ、石北本線の新旭川~網走間、函館本線の滝川~旭川間、根室本線の滝川~東鹿越間、富良野線の旭川~富良野間、釧網本線の網走~緑間で運行する。

 ラッピング車両は1両のみで、運転区間や時刻といった車両運用は日によって異なるため、目にすることができればラッキーといえそうで、存在が際立っている。

関連記事

室蘭民報

グランドホテルの村元さんが全日本司厨士協会から銀章【登別】

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町)の洋食シェフ・村元茂美さん(64)が、全日本司厨士(しちゅうし)協会から銀章を受けた。永年の協会役員として携わった功績が評価された。「登別にはおいしい食...

函館新聞

秋の大沼湖畔を快走 グレートラン・ウオークに2192人【七飯】

 【七飯】「2018北海道大沼グレートラン・ウオーク」(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催)が14日、大沼国定公園で開かれた。ランニングとウオーク合わせて2192人がエントリーし、秋風を浴び...

函館新聞

「特等席」で眺めを満喫 市電運転体験会に30人参加【函館】

 函館市企業局交通部は13日、駒場車庫で市電運転体験会を開いた。午前、午後の合計で約30人が参加。車両を走らせながら、めったに座ることができない運転席からの眺めを満喫した。  10月14日の...

室蘭民報

シャークス全国頑張れ、モルエ入り口に横断幕【室蘭】

 室蘭シャークス、全国大会も頑張れ―。室蘭市中島本町の商業施設・モルエ中島の入り口にこのほど、社会人野球日本選手権での活躍を応援する巨大横断幕が設置された=写真。  日鉄コミュニティと新日鉄興...

室蘭民報

室民「ぜひ読んで」…ぷらっとと市民会館で試読紙配布

 新聞週間(15~21日)に合わせて、室蘭民報社は15日、室蘭市輪西町の複合商業施設ぷらっと・てついちと市民会館に、試読紙の配布コーナーを設けた。20日まで連日、朝夕刊を無料提供する。  1...