北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老まち歩き体験MAP完成 観光誘客推進会議、観光周遊を提案

新たに作成した「まち歩き体験MAP」

 白老町観光誘客推進会議はこのほど、「白老町まち歩き体験MAP」を作成した。外国人観光客にも手に取ってもらえるよう英語表記とし、夏と冬の体験プログラムのほか、白老駅エリアと虎杖浜エリアのモデルコースを紹介。今後、さらに体験プログラムを増やすとともに、飲食をセットにしたプランの提供も目指している。

 2020年の民族共生象徴空間開設に向けた外国人観光客の受け入れ体制の整備として、各種プログラムを具体的に記した体験MAPを初めて作成。町内で外国人観光客の受け入れを可能としている31事業所を地図に落とし込んだほか、昨年取り組んだ体験プログラムを紹介し、MAPを手に町内を周遊できる仕組みとなっている。

 夏の体験プログラムは、アイヌ文様刺しゅうを施した巨大パッチワーク作り、バターナイフ作り、べこ餅作り・虎杖浜越後踊り体験、オヒョウの皮を使ったブレスレット作りの4種類。冬の体験プログラムでは、チェプケリ作り、アイヌ文様刺しゅう、原木しいたけ狩り、虎杖浜たらこパック詰め。いずれも町民が主体となって指導するプログラムとなっている。

 まち歩き体験モデルコースは2種類を用意。JR白老駅と虎杖浜の2エリアにおいて、体験プログラムを順番に回り、途中で昼食休憩を取れるコースを提案している。

 従来の店舗などを紹介するMAPとは異なり、新たに構築した体験プログラムを盛り込むことで、MAPを手にしながら町内を周遊することを可能にした。町の担当者は「今後は食事を兼ねたプログラムをより具体化してプラン提供するとともに、コーディネートできる人材の育成、機能を構築して、これまで以上に受け入れ体制を発展させていきたい」と話している。

 MAPは、白老観光協会案内所や掲載事業所で配布している。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...