北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳科技大、8年ぶり定員確保 公立化方針で出願者増、学内活気高まりに期待

学生総数854人で新年度をスタートする千歳科技大

 2019年4月に公立化する見通しの千歳科学技術大(川瀬正明学長)の18年度の入学者が前年度比66人増の278人に上り、8年ぶりに定員(240人)を確保した。同大は10年度に296人が入学して以来定員割れが続いてきたが、市が同大を公立化する方針を示したことが影響し、18年入試には過去最多の1212人が出願。入試課は「学内が活気づく。大学全体の底上げにつながるのでは」としている。

 出願者は開学した1998年の1039人を上回った。1212人の受験者内訳は一般学力入試(Ⅰ~Ⅲ期)513人、センター試験利用入試(Ⅰ~Ⅲ期)603人、AO入試52人、特別推薦入試29人、併願8人、公募推薦入試7人。千歳、恵庭、北広島市内公立6校(千歳高、千歳北陽高、恵庭北高、恵庭南高、北広島高、北広島西高)からは前年比71人増の111人が出願した。

 同大によると願書提出時期となる2月中旬まで、公立化に関する問い合わせが39件あった。公立化のスケジュールや、それに伴う入試形態、授業料に関する内容が多く、「受験生にとっても公立化は関心が高かった」と担当者は話す。

 入学者では、国立大志望者の占める割合が前年度よりも上昇したのが特徴だ。同大を除く第1志望校に国立大を上げていた学生の割合が前年度比9・5ポイント増の62・2%。室工大、道教育大、北見工大、北大のほか、弘前大、秋田大などを志望した学生が増加した。入試課は「学力上位層となる道内の中堅、上位校出身者が増えた。併願大学として(千歳科技大の)順位が上がったのでは」と印象を語った。

 全体に占める項目別人数は、東北や関東といった道外校出身者は前年から5人増の21人(7・6%)、千歳、恵庭、北広島市内の高校出身者は7人増の31人(11%)、女子学生は7人増の33人(11%)。割合はそれぞれ例年並みだったが、女子学生の人数は30人が入学した11年以降で過去最多となった。

 学生総数は前年度比134人増の854人。

 同大は今後学生の関心などについて詳細な分析を行い、今後の入学者の確保につなげていく考え。入学式は7日に行われる。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...