北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春の交通安全運動「車に気をつけて通ってね」新入学児によびかけ【根室】

新入学児童へ交通安全を呼び掛けた

 春の全国交通安全運動が6日から始まり、根室市内では運動機関・団体の代表者らがそろって、小学校の入学式に合わせ学校前で啓発を行い、新1年生に黄色いワッペンと安心安全下敷き、夜光反射材などを配布し、交通安全を呼び掛けた。

 春の交通安全運動は、行楽シーズンを迎え、交通量が増加し、幼児・児童の車道への飛び出しなどから発生する交通事故が懸念されることから、交通安全を自らのことと捉え、交通ルールの順守や思いやりのある交通マナーの実践が主体的に行われるよう、市民一人ひとりの交通安全意識の高揚を図ることを目的に実施する。

 初日となった6日は、北斗、成央、花咲小学校の市内3校で交通安全運動機関・団体の代表者らが小学校の入学式に合わせ、学校前で新1年生に啓発活動を実施した。

 このうち、北斗小学校前には、長谷川俊輔根室市長、武田一郎根室警察署長、渡邉慶次郎根室交通安全協会会長、根室ライオンズクラブの竹内和之会長らが参集した。

 真新しいランドセルを背負って、保護者に手を引かれて登校した新入学児童に「入学おめでとう」と声を掛けながら、保険会社3社と根室ライオンズクラブから寄贈された「黄色いワッペン」、「安心安全下敷き」のほか、根室交通安全協会、釧根地方安全運転管理者事業主会根室支部、根室地区安全運転管理者協会からの夜光反射材、防犯ブザー、文具、巾着袋の4点セットが手渡された。

 運動初日は午後から温水プール駐車場で交通安全出動式を実施し、市内一円をパレードして同運動を広く市民に周知するとともに、通行車両や歩行者等に交通事故防止を呼び掛けるほか、期間中には振興局前の交差点で旗の波運動、市役所前でシートベルト着用率調査、一人暮らしの高齢者宅訪問、国道44号線、道道半島線でパトライト作戦などを実施する。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...