北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市長選9月2日告示 立候補の動き見えず【根室】

 根室市選挙管理委員会(水見信一委員長)は5日夕、任期満了に伴い今秋行われる第17回根室市長一般選挙を9月2日告示、9日投開票で実施することを決めた。市長選に向けては、長谷川俊輔市長(73)は態度を明らかにしておらず、新人の動きも見えない。根室市政で最長の4選を目指すのか、当面は現職の動向が注目される。

 市長選に向けては3月定例月議会で、最大会派の創新の代表質問で3期目の評価をただす場面があったものの、4選出馬を促す質問はなかった。一昨年、膵臓の腫瘍摘出手術を受けている長谷川市長は、市長選への対応について、従来から「医師の判断を聞いた上で、後援会などとも相談し判断したい」と明言を避けている。

 前回(平成26年)市長選でも、議会から出馬を促す声はなく、4月下旬に水産、農業6団体が長谷川市長に直接3選出馬を要請。これを受けて5月22日に「次代の子どもたちのために根室市を発展させたい」と出馬を表明している。

 藤原弘前市長(当時69歳)の不出馬を受けて18年の第15回市長選に助役から出馬し、無投票で初当選した長谷川市長は、2期目も無投票当選を果たしたものの、3期目は「根室市民の会」(田中常之代表)が無風阻止を掲げ、元目黒区議の鴨志田リエ氏(当時55歳)を擁立。激しい選挙戦の末、ダブルスコアに近い得票で3選を果たしたものの、得票数は1万票に届かず、鴨志田氏には批判票とみられる4,646票を許している。

 なお、根室市政では第2代の横田俊夫氏(昭和39年―同49年)、第3代の寺嶋伊弉雄氏(同49年―同61年)、第4代の大矢快治氏(同61年―平成10年)が3期務めているが、4選を果たした市長はいない。寺嶋氏は4選を目指したものの、道庁OBを担ぎ出す動きに出馬を断念。のちに保守分裂の道議選を仕掛けている。また、大矢氏も藤原氏の前に敗れている。

 長年の懸案だった市立病院の建て替えを実現し、その政治手腕を示した長谷川市長。一方で高齢と健康、そして根室市政未踏の4選への思いの中、どのような決断を下すのか残された時間は少ない。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...