北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フランスから種馬 十勝牧場 6年ぶり【音更】

フランスから導入された(左から)エラン・ド・ネスクとファビュルー

 家畜改良センター十勝牧場(町駒場、桜井保場長)は6日、フランスから6年ぶりに導入した農用馬の種雄馬2頭を関係者に公開した。9日から精液の販売を始める予定で、十勝の馬生産を下支えする。

 ブルトン種のファビュルー(3歳、体重870キロ)、ペルシュロン種のエラン・ド・ネスク(4歳、855キロ)。日本馬事協会(東京)が昨年夏に購入し、11月に空路で十勝牧場に到着した。検疫と調教が終わったことから公開した。

 十勝牧場は国内で唯一、農用馬の改良、増殖を行う機関。約200頭を飼育し、種雄馬は7頭いる。十勝は国内有数の農用馬の産地で、多くが十勝牧場の種雄馬を活用している。近親交配による繁殖障害を避けるため、定期的に海外から種雄馬を導入している。

 精液販売のほか、今回導入した馬の子どもを、種雄馬として2021年から農家に貸し付ける。

 桜井場長(58)は「農用馬は、ばんえい競馬でも活躍している。馬産の力強い発展の支えになれば」と話している。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...