北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛駅の改修が完了 歴史伝えるモニュメントも

 

開業当時の広さに復元された旧増毛駅駅舎(右)とホームに設置されたモニュメント「テルミヌスの願い」(左)

 増毛町が観光客が町内散策する際の拠点として活用するため、総工事費8千万円をかけ、昨年10月から行われていた旧増毛駅駅舎の改修工事が完了した。駅舎が大正10年の開業当時の広さに増築され、ホームには駅の歴史を伝えるモニュメントが設置された。22日にはテープカットなどを行う町主催のオープニングセレモニー、「地域に元気を!」を合言葉に町商工会、増毛漁業協同組合、南るもい農業協同組合、町役場の各青年部で構成する増毛町各青年部協働隊(成澤貫隊長)が主催する完成記念イベントがそれぞれ企画されている。    駅舎の増築、改修は、地方創生の観点から効果の高い施設の整備について事業費の2分の1が補助される国の地方創生拠点整備交付金対象の増毛駅再生拠点整備事業「鉄道廃線の増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」の一環。

 改修工事では、売店とトイレを除き62.63平方メートルだった駅舎の床面積を増築。駅舎をホーム側に52.20平方メートル増築し、114.83平方メートルの広さになった。半分以上の柱を築約100年の開業時の木材を使い、照明は蛍光灯から天井からつり下げるタイプに変更、屋根や窓も改修し、昭和56年公開の映画「駅 STATION」が撮影された当時に近い形に復元した。

 増築部分は鉄道など駅舎の歴史的資料の展示、地域、観光情報の発信基地として活用するなど、多くの人が集えるコミュニティースペースにするため、来週中にベンチなどを設置し、準備を整える。

 ホームには、同プロジェクト効果促進事業として、JR札幌駅の「星の大時計」などを手掛けた彫刻家五十嵐威暢(たけのぶ)さんが「駅の神様」をイメージしたモニュメントを設置。モニュメントの名称は「テルミヌスの願い」。テルミヌスは「ターミナル」の語源となったローマ神話に登場する神。3月20日の設置作業には五十嵐さんも立ち会った。

 線路と駐車場との境界には、駅舎とホームの展望を楽しめる枕木を使った幅約3メートル、長さ約50メートルの通路が作られた。

 また、改修工事のため、同駅舎内の店舗を町畠中町1丁目の「ましけマルシェ」内に移して営業していたぐるめ食品株式会社(本社・増毛町、村井良泰社長)の「孝子屋ぐるめ食品旧増毛駅直売店」は、14日から同駅舎内での営業を再開する予定。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...