北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛駅の改修が完了 歴史伝えるモニュメントも

 

開業当時の広さに復元された旧増毛駅駅舎(右)とホームに設置されたモニュメント「テルミヌスの願い」(左)

 増毛町が観光客が町内散策する際の拠点として活用するため、総工事費8千万円をかけ、昨年10月から行われていた旧増毛駅駅舎の改修工事が完了した。駅舎が大正10年の開業当時の広さに増築され、ホームには駅の歴史を伝えるモニュメントが設置された。22日にはテープカットなどを行う町主催のオープニングセレモニー、「地域に元気を!」を合言葉に町商工会、増毛漁業協同組合、南るもい農業協同組合、町役場の各青年部で構成する増毛町各青年部協働隊(成澤貫隊長)が主催する完成記念イベントがそれぞれ企画されている。    駅舎の増築、改修は、地方創生の観点から効果の高い施設の整備について事業費の2分の1が補助される国の地方創生拠点整備交付金対象の増毛駅再生拠点整備事業「鉄道廃線の増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」の一環。

 改修工事では、売店とトイレを除き62.63平方メートルだった駅舎の床面積を増築。駅舎をホーム側に52.20平方メートル増築し、114.83平方メートルの広さになった。半分以上の柱を築約100年の開業時の木材を使い、照明は蛍光灯から天井からつり下げるタイプに変更、屋根や窓も改修し、昭和56年公開の映画「駅 STATION」が撮影された当時に近い形に復元した。

 増築部分は鉄道など駅舎の歴史的資料の展示、地域、観光情報の発信基地として活用するなど、多くの人が集えるコミュニティースペースにするため、来週中にベンチなどを設置し、準備を整える。

 ホームには、同プロジェクト効果促進事業として、JR札幌駅の「星の大時計」などを手掛けた彫刻家五十嵐威暢(たけのぶ)さんが「駅の神様」をイメージしたモニュメントを設置。モニュメントの名称は「テルミヌスの願い」。テルミヌスは「ターミナル」の語源となったローマ神話に登場する神。3月20日の設置作業には五十嵐さんも立ち会った。

 線路と駐車場との境界には、駅舎とホームの展望を楽しめる枕木を使った幅約3メートル、長さ約50メートルの通路が作られた。

 また、改修工事のため、同駅舎内の店舗を町畠中町1丁目の「ましけマルシェ」内に移して営業していたぐるめ食品株式会社(本社・増毛町、村井良泰社長)の「孝子屋ぐるめ食品旧増毛駅直売店」は、14日から同駅舎内での営業を再開する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...