北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

5月1~6日に開催 第55回しずない桜まつり

満開の二十間道路桜並木・花のトンネル=昨年=

【新ひだか】しずない桜まつり実行委(委員長・酒井芳秀町長)が5日、地域交流センターピュアプラザで開かれ、約3千本のサクラがある二十間道路桜並木で開催する「第55回しずない桜まつり」の開催時期を5月1日から6日までの6日間に決定した。ただし、サクラの開花状況によっては変更することがある。

 今年のサクラ前線は平年よりも早いペースで進んでおり、4日現在の日本気象協会北海道支社の予想は開花が平年より4日早い5月1日、満開は5日早い4日。ウェザーニュース社の最新予想では開花が5月2日、満開は5日となっている。

 昨年は5月3日に開花、5月5日に満開となり、約15万4500人(5月3日~5月9日)の入り込みがあった。

 まつりのオープニングセレモニーは、1日正午から花のトンネルのイベント広場・観光案内所前で行い、新ひだかさくら大使の紹介や琴の演奏会などを披露する。

 開催期間中、新ひだかイベント出店組合によるお土産広場(午前9時~午後6時、荒天による終了時間短縮、満開時期の渋滞による終了時間延長についてはその都度協議)、家畜改良センター新冠牧場の龍雲閣一般公開(午前9時~午後4時)、JR静内駅前―二十間道路バス乗降場の臨時バス運行(午前11時~午後3時)を計画。

 このほか、町内の俳句会が作成したサクラを題材とした詩歌(俳句・短歌など)掲示板をイベント広場に掲示する。

 駐車場は並木沿いのほか、イベント広場より1・5㌔離れた場所に一般車両駐車場を設け、会場内のシャトルバスも運行する。まつり事業予算は、町負担金765万5千円を主収入に総額847万7千円を計上した。

 まつりの準備期間の4月28~30日と予備期間5月7~13日を設けており、開花状況を見ながら開催期間の前倒し、延長も検討する。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...