北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

5月1~6日に開催 第55回しずない桜まつり

満開の二十間道路桜並木・花のトンネル=昨年=

【新ひだか】しずない桜まつり実行委(委員長・酒井芳秀町長)が5日、地域交流センターピュアプラザで開かれ、約3千本のサクラがある二十間道路桜並木で開催する「第55回しずない桜まつり」の開催時期を5月1日から6日までの6日間に決定した。ただし、サクラの開花状況によっては変更することがある。

 今年のサクラ前線は平年よりも早いペースで進んでおり、4日現在の日本気象協会北海道支社の予想は開花が平年より4日早い5月1日、満開は5日早い4日。ウェザーニュース社の最新予想では開花が5月2日、満開は5日となっている。

 昨年は5月3日に開花、5月5日に満開となり、約15万4500人(5月3日~5月9日)の入り込みがあった。

 まつりのオープニングセレモニーは、1日正午から花のトンネルのイベント広場・観光案内所前で行い、新ひだかさくら大使の紹介や琴の演奏会などを披露する。

 開催期間中、新ひだかイベント出店組合によるお土産広場(午前9時~午後6時、荒天による終了時間短縮、満開時期の渋滞による終了時間延長についてはその都度協議)、家畜改良センター新冠牧場の龍雲閣一般公開(午前9時~午後4時)、JR静内駅前―二十間道路バス乗降場の臨時バス運行(午前11時~午後3時)を計画。

 このほか、町内の俳句会が作成したサクラを題材とした詩歌(俳句・短歌など)掲示板をイベント広場に掲示する。

 駐車場は並木沿いのほか、イベント広場より1・5㌔離れた場所に一般車両駐車場を設け、会場内のシャトルバスも運行する。まつり事業予算は、町負担金765万5千円を主収入に総額847万7千円を計上した。

 まつりの準備期間の4月28~30日と予備期間5月7~13日を設けており、開花状況を見ながら開催期間の前倒し、延長も検討する。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス