北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

トマウェーブ、バイオガス発電事業へ進出 食品廃棄物をメタンガス燃料に

6月末の完成を目指し、苫小牧市勇払で建設が進むトマウェーブのバイオガス発電所

 環境事業会社とませいのグループ企業で、産業廃棄物処理や肥料製造を手掛けるトマウェーブ(苫小牧市、沼澤栄社長)は今年から、バイオガス発電事業に乗り出す。食品製造会社から出る野菜など食品廃棄物を発酵処理し、発生するメタンガスを燃料に発電する。市内勇払に建設中の発電所は6月に完成予定で、試験運転を経て8月から本格稼働させ、北電へ売電する計画。また、発酵処理後の消化液を野菜生産の液体肥料として供給する体制も整え、資源を有効活用する食品リサイクルシステムの構築を目指す。

 トマウェーブの渡辺秀敏専務は発電分野への進出について、「廃棄物の有効活用に向け、以前から環境に負荷を掛けない循環型システムの導入を模索していた」と説明。国内屈指のバイオマスプラント運営会社と協力し、新規事業として参画することを決めたという。

 発電所では、道内の食品製造企業や小売業者から出るカット野菜の切れ端など食品廃棄物や野菜の洗浄液などを受け入れて発酵処理し、発生するメタンガスを発電燃料に使用する。メタンガスの生産量は1日当たり2250立方メートル。発電能力は1時間当たり49キロワットで、初年度は約40万キロワットを発電する計画。1世帯当たり年間消費電力3600キロワットで換算すると、約110世帯分に相当する電力で、固定買い取り制度に基づき全量を北電へ売電する予定だ。

 発電所は、市内勇払の同社西側に建設。鉄骨平屋建てで総面積は739平方メートル。原料の受け入れ槽や発酵槽、発電機などの設備で構成する。総工費は約6億円。昨年秋から建設に取り掛かり、今年6月末に完成予定。7月に試験運用を開始し、8月をめどに売電を始める計画だ。

 発電システムについて渡辺専務は「通常の発酵過程では水を加えるが、原料をそのまま発酵槽に投入する道内初の乾式メタン発酵処理方式を採用した」と話す。

 一方、トマウェーブの親会社とませいは、今月2日に農産物生産会社「Smile‐loop」(渡辺健治社長)を設立した。トマウェーブのバイオガス発電所の発酵過程で出た消化液を肥料に、苫小牧市近郊で賃借した農地約4ヘクタールで葉物野菜などを栽培。道内の食品製造企業や小売業者へ生産物を販売し、再び野菜の切れ端など食品廃棄物を発電所で受け入れる循環型システムを構築する。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...