北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

サイクリングシーズン突入、目的や体格に合わせた一台を

 道南地方でも本格的な春が一歩ずつ近づいていることを受け、自転車の姿が増え始めた。新しい自転車を買い求める人も多く、通勤や通学といった日常の移動手段として、子どもの成長に合わせた買い換えなど需要はさまざまだ。  市内のホームセンター、ジャンボイエロー亀田店では、3月中旬以降、売れ行きが好調に推移。前かごが付いたシティサイクル(ママチャリ)タイプの商品を多数取りそろえる。石田達也店長は「雪がなくなってから新生活の準備のために買い求める人が増えている。体格に合わせた自転車を選んでもらいたい」と話す。  自転車のトラブルで最も多いのがパンクだが、近年はタイヤのゴムが厚いものやパンクしないタイヤの商品(税抜・1万9800円~)も充実。年配者を中心に電動アシスト付自転車(8万4800円~)も売れている。  イエローグローブ各店では15日まで無料配達や購入1台ごとに不要になった自転車の引き取りなどのサービスを実施している。  一方、ロードバイクやタイヤの太いファットバイクなどさまざまなタイプの商品を扱う「チルノワ」(松風町10)では、子ども用自転車も充実。初めての自転車としてバランス感覚を養うペダルがないタイプ、親子でサイクリングを楽しもうとスポーツタイプも需要があり、価格帯は2~4万円が中心だ。また、ブレーキワイヤーやハンドルのグリップなど、色や形を変えて自転車をリニューアルできるカスタマイズ用品も多数取りそろえる。  横田直明代表は「『進まない、転ぶ、痛い、嫌だ』ではなく、自転車に乗って楽しいということを教えてあげてほしい」とし、握力が弱くても握りやすいブレーキの強さやスピードが出すぎないように空気圧を調整したり、子どもの成長に合わせたメンテナンスにも応じている。(今井正一)

パンクしにくいタイヤの商品など、日常生活にぴったりの1台が探せるジャンボイエロー亀田店

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス