北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

サイクリングシーズン突入、目的や体格に合わせた一台を

 道南地方でも本格的な春が一歩ずつ近づいていることを受け、自転車の姿が増え始めた。新しい自転車を買い求める人も多く、通勤や通学といった日常の移動手段として、子どもの成長に合わせた買い換えなど需要はさまざまだ。  市内のホームセンター、ジャンボイエロー亀田店では、3月中旬以降、売れ行きが好調に推移。前かごが付いたシティサイクル(ママチャリ)タイプの商品を多数取りそろえる。石田達也店長は「雪がなくなってから新生活の準備のために買い求める人が増えている。体格に合わせた自転車を選んでもらいたい」と話す。  自転車のトラブルで最も多いのがパンクだが、近年はタイヤのゴムが厚いものやパンクしないタイヤの商品(税抜・1万9800円~)も充実。年配者を中心に電動アシスト付自転車(8万4800円~)も売れている。  イエローグローブ各店では15日まで無料配達や購入1台ごとに不要になった自転車の引き取りなどのサービスを実施している。  一方、ロードバイクやタイヤの太いファットバイクなどさまざまなタイプの商品を扱う「チルノワ」(松風町10)では、子ども用自転車も充実。初めての自転車としてバランス感覚を養うペダルがないタイプ、親子でサイクリングを楽しもうとスポーツタイプも需要があり、価格帯は2~4万円が中心だ。また、ブレーキワイヤーやハンドルのグリップなど、色や形を変えて自転車をリニューアルできるカスタマイズ用品も多数取りそろえる。  横田直明代表は「『進まない、転ぶ、痛い、嫌だ』ではなく、自転車に乗って楽しいということを教えてあげてほしい」とし、握力が弱くても握りやすいブレーキの強さやスピードが出すぎないように空気圧を調整したり、子どもの成長に合わせたメンテナンスにも応じている。(今井正一)

パンクしにくいタイヤの商品など、日常生活にぴったりの1台が探せるジャンボイエロー亀田店

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...