北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

サイクリングシーズン突入、目的や体格に合わせた一台を

 道南地方でも本格的な春が一歩ずつ近づいていることを受け、自転車の姿が増え始めた。新しい自転車を買い求める人も多く、通勤や通学といった日常の移動手段として、子どもの成長に合わせた買い換えなど需要はさまざまだ。  市内のホームセンター、ジャンボイエロー亀田店では、3月中旬以降、売れ行きが好調に推移。前かごが付いたシティサイクル(ママチャリ)タイプの商品を多数取りそろえる。石田達也店長は「雪がなくなってから新生活の準備のために買い求める人が増えている。体格に合わせた自転車を選んでもらいたい」と話す。  自転車のトラブルで最も多いのがパンクだが、近年はタイヤのゴムが厚いものやパンクしないタイヤの商品(税抜・1万9800円~)も充実。年配者を中心に電動アシスト付自転車(8万4800円~)も売れている。  イエローグローブ各店では15日まで無料配達や購入1台ごとに不要になった自転車の引き取りなどのサービスを実施している。  一方、ロードバイクやタイヤの太いファットバイクなどさまざまなタイプの商品を扱う「チルノワ」(松風町10)では、子ども用自転車も充実。初めての自転車としてバランス感覚を養うペダルがないタイプ、親子でサイクリングを楽しもうとスポーツタイプも需要があり、価格帯は2~4万円が中心だ。また、ブレーキワイヤーやハンドルのグリップなど、色や形を変えて自転車をリニューアルできるカスタマイズ用品も多数取りそろえる。  横田直明代表は「『進まない、転ぶ、痛い、嫌だ』ではなく、自転車に乗って楽しいということを教えてあげてほしい」とし、握力が弱くても握りやすいブレーキの強さやスピードが出すぎないように空気圧を調整したり、子どもの成長に合わせたメンテナンスにも応じている。(今井正一)

パンクしにくいタイヤの商品など、日常生活にぴったりの1台が探せるジャンボイエロー亀田店

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...