北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

4農協が来年2月合併

【新ひだか】みついし農協(酒井薫組合長)は6日、通常総会を本桐基幹集落センターで開き、来年2月1日を目標にした日高管内4農協の合併に向けた経過と今後の対応について説明した。

 当初、新冠町農協としずない農協、ひだか東農協(浦河、様似、えりも3町)の3農協が平成22年8月に合併協議会を設立。これまで各農協の財務基盤強化を優先し、それぞれが合併に向けて条件整備を進めてきた。

 さらに、政府の農協改革により、26年6月から来年5月までの農協改革集中推進期間中に、各農協に対しては、農業者の所得向上に向けた経済活動を積極的に行える組織になることが求められていた。

 3農協はこれまで、多くの組合員の負担で不良債権処理を進めてきたが、新たな担保評価基準の見直しにより、多額の貸倒引当金の積み増しが必至となることから、3農協だけでは処理が困難となり、全国、北海道域の農協組織から資本増強などの支援を要請することにした。

 支援を受けるためには3農協の自助努力が求められるほか、健全農協を受け皿とした農協合併が求められるため、昨年9月に3農協からみついし農協に対し、合併の要請があった。

 みついし農協は、今年1月までにJA北海道中央会やJA北海道信連などの支援スキーム(計画、体系)の説明を受け、①合併農協には一切の不良債権が持ち込まれない②不良債権の判定には、第三者たる監査法人が統一した基準で行う③合併農協に新たなリスクが増大しないスキームを別途検討する④中央会などから合併農協へ役員の派遣等人的支援を行う―ことを確認した。

 同農協は、29年度の農家戸数388戸のうち、3分の2が60歳以上の組合員で、後継者がいる農家は24戸となっている。これに加え、農協経営では金融事業の貸付金残高減少やマイナス金利政策によって事業収益が減少するなどが予想され、理事会で3農協の合併協議に参加することを決定した。

 今後は、農協改革集中推進期間内の来年2月1日の合併を目標に3農協と合併推進委員会を設立して本格的な協議を始める。組合員には地区別懇談会で状況を説明しながら、順調に行けば9月下旬に合併の承認(組合員の3分の2)を得る臨時総会を開催する予定。

 同農協はこれまで合併協議に参加しなかった経緯や、来年2月に合併という急な展開もあり、説明を受けた組合員からは「合併する3農協の状況を見極めてから協議に入っても良かったのでは」、「健全農協であるみついし農協が、ほかの農協のために合併するメリットはあるのか」、「3農協が不良債権をしっかり処理してから協議に入っては」など、合併に慎重な意見や要望が相次いだ。

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...