北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧西港付近にオフィスビル 5月着工12月完成、6階に展望レストラン

大東開発が建設する賃貸オフィスビルのイメージ図

 苫小牧市の不動産業、大東開発(三浦実社長)は、市内入船町3で6階建て賃貸オフィスビルを5月中旬に着工する。海や港を見渡せる展望レストランを備えたビルで、12月中旬に完成、2019年1月からテナント企業の入居を始める予定。商港区に建設するため、テナントは港湾関連企業に限定されるが、利便性の良さなどから関心を集めそうだ。

 苫小牧港・西港キラキラ公園付近の用地は、旧ホテルイーストジャパン跡地で、敷地面積は3141平方メートル。建物は鉄骨造り、延べ床面積1355平方メートルで北側に正面玄関を設ける。

 1~5階を賃貸オフィスフロア(1フロア面積129~130平方メートル)とし、6階に展望レストランを整備する。駐車場スペースは障害者用2台分を含め79台分を確保する。

 オフィスフロアの賃貸料は、1フロアで月額40~50万円前後とする予定。今年秋からテナント募集を開始する。予定工期は5月14日から12月21日。年明けの19年1月からテナント企業の入居が始まる見通しだ。

 三浦社長は「オフィスビルは市内の港湾関連企業から要望が出ていた。計画の決定以降、電話の問い合わせも入っており、一定の手応えを感じている」と話す。

 苫小牧港を取り巻く景気動向は近年、貨物の取扱量増加などで上向き基調。物流関連で新会社設立を模索する動きもあり、港湾エリアの事務所ニーズはさらに高まりそうだ。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...