北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市観光協会 外国人観光客向けに音声ガイド導入へ【根室】

 外国人観光客(インバウンド)の取り込みに向けて根室市観光協会(小林茂会長)は今年度、全地球測位システム(GPS)の位置情報を利用してタブレット型端末から観光情報を音声で解説する「観光音声ガイドサービス」を導入する。2020年の東京オリンピックを控え、外国人観光客を呼び込む取り組みの一環で、音声は英語、中国語に対応。7月からの導入を目指す。

 年々増加傾向にある東アジア諸国の富裕層やアメリカ、ヨーロッパからの外国人観光客。通過型観光からの脱却を目指す根室市では、春国岱など野鳥の楽園を観光資源に、バードウオッチャーの誘致などに取り組んでいる。

 同協会がまとめた外国人の市内宿泊状況調べによると、29年度(2月末現在)は2,875件(1人が3泊した場合は3件と集計)で、前年同期比468件増となっている。ビジネス目的のロシア人が702件と最も多いほか、東アジアからは香港からが301件、同80件増、台湾からが291件、同64件増など増加傾向にある。

 観光音声ガイドサービスは、GPSの位置情報をスマートフォン大のタブレット型端末で受信し、あらかじめ制作しクラウド上のサーバーに登録したスポット毎の案内を外国語で流すサービス。外国語に堪能なガイドの養成が不要で、日本語が不得意な外国人が容易に観光情報を入手することができる。

 同協会では、7月からの導入を検討。端末10基をリース契約し、当面は根室市内の観光名所などを巡回するノサップ号の利用者を対象に無料で貸し出す考え。音声ガイドは市内五十カ所の名所スポットを予定。また、端末は英語と中国語に対応する。

 インバウンドを取り込む施策としては、このほか、日本政府観光局(JNTO)に加入し、海外への情報発信を強化するほか、市と連携した観光プロモーション、観光地域づくりを推進。また、英語版観光ホームページやアジア圏に向けて発信力のある「悠悠北海道」と連携した情報発信に努める。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...