北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市観光協会 外国人観光客向けに音声ガイド導入へ【根室】

 外国人観光客(インバウンド)の取り込みに向けて根室市観光協会(小林茂会長)は今年度、全地球測位システム(GPS)の位置情報を利用してタブレット型端末から観光情報を音声で解説する「観光音声ガイドサービス」を導入する。2020年の東京オリンピックを控え、外国人観光客を呼び込む取り組みの一環で、音声は英語、中国語に対応。7月からの導入を目指す。

 年々増加傾向にある東アジア諸国の富裕層やアメリカ、ヨーロッパからの外国人観光客。通過型観光からの脱却を目指す根室市では、春国岱など野鳥の楽園を観光資源に、バードウオッチャーの誘致などに取り組んでいる。

 同協会がまとめた外国人の市内宿泊状況調べによると、29年度(2月末現在)は2,875件(1人が3泊した場合は3件と集計)で、前年同期比468件増となっている。ビジネス目的のロシア人が702件と最も多いほか、東アジアからは香港からが301件、同80件増、台湾からが291件、同64件増など増加傾向にある。

 観光音声ガイドサービスは、GPSの位置情報をスマートフォン大のタブレット型端末で受信し、あらかじめ制作しクラウド上のサーバーに登録したスポット毎の案内を外国語で流すサービス。外国語に堪能なガイドの養成が不要で、日本語が不得意な外国人が容易に観光情報を入手することができる。

 同協会では、7月からの導入を検討。端末10基をリース契約し、当面は根室市内の観光名所などを巡回するノサップ号の利用者を対象に無料で貸し出す考え。音声ガイドは市内五十カ所の名所スポットを予定。また、端末は英語と中国語に対応する。

 インバウンドを取り込む施策としては、このほか、日本政府観光局(JNTO)に加入し、海外への情報発信を強化するほか、市と連携した観光プロモーション、観光地域づくりを推進。また、英語版観光ホームページやアジア圏に向けて発信力のある「悠悠北海道」と連携した情報発信に努める。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...