北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

移住の神田さん トマルカフェ 18日にプレオープン【鹿追】

 ふれあい農芸公園に隣接する町柏ケ丘2の空き家を再生し、鹿追産サツマイモなどをPRするカフェ兼宿「トマルカフェ鹿追」(神田縁オーナー)が完成し、6、7の両日に関係者を招いてお披露目された。18日にプレオープンする。

サツマイモをはじめ地域の食材の魅力を発信する神田オーナー(右)と出口さん

 神田さんは2011年に香川県から産業研修生として来町し、1年間の畑作研修を経験した。地域おこし協力隊員を経て15年に「神田かんしょ研究所」を立ち上げ、前例のない道東で本格的なサツマイモ栽培に挑戦した。今後はこのサツマイモを中心に、地場産の食材の魅力を発信していこうと、国の農山漁村振興交付金から750万円の助成を受けて起業に踏み切った。

 数十年空き家だった建物を改修した店舗は菓子工房も備え、1階にカウンターとテーブルで20席のほか、小上がり(キッズスペース)もある。2階には宿泊スペースを設けた。神田オーナーの友人で、帯広市内のホテルに勤務していた出口さと美さんが本格的な料理を提供。メニューはガレットランチ(1000円~)やシフォンケーキ(400円~)、コーヒー(500円)、自家製ジンジャーエール(550円)などで、グラノーラ、スープなどさまざまな料理にサツマイモを使う。神田オーナーは「鹿追のグリーンツーリズムを盛り上げる一助を担いたい。人が集える場所を提供する」と話している。

 本オープンは24日。営業時間は午前11時~午後5時、月曜定休。宿泊は1泊1万2000円から。問い合わせは神田オーナー(080・3805・6830)へ。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...