北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初年度来客 44万人 道の駅「ピア21しほろ」【士幌】

 道の駅「ピア21しほろ」が開設してもうすぐ1年。オープン初年度の来場者数は44万6101人で、見込み数(30万9000人)の約1.5倍の人が訪れた。次々と展開した新商品の開発に加え、利用者が過ごしやすい空間づくりを進めてきたことが誘客につながった。

初年度は44万人が訪れた道の駅「ピア21しほろ」

 夏場は1日当たり平日1000人以上、土日3000人が来場。特にオープン直後の4月下旬は1週間で約2万8000人が訪れた。冬場は平日500人、土日700人だった。

 レストランやカフェ、ショップの運営を担うat LOCAL(堀田悠希社長)は、利用者に気持ち良く過ごしてもらおうと、一人ひとりに寄り添った施設づくりを意識している。当初よりもショップのカウンターを低くし、商品を籠いっぱいに詰めた高齢者も利用しやすくした。

 「町民にも愛される道の駅」を目指し、リピーター客を増やすのも目標。特に商品では、レストラン「にじいろ食堂」で午前9時からトーストやコーヒーを提供するモーニングサービスを始めたり、高級なジュースやタオルなどの販売コーナーを設けたりするなど、常に変化を求めて運営してきた。地元住民からも「来るたびに(サービス内容が)変わっていくね」といううれしい声も聞こえてくる。

 同社では「日本一の道の駅」を今年度から3カ年の目標とし、具体的な内容について今後スタッフと協議していく考え。堀田社長は「土日にゆったりと過ごせ、お客さんの日常になるようなライフスタイルを提案できる道の駅にしていきたい」と話している。

 22日にはオープン1周年を記念して「道の駅ピア21しほろの誕生祭」を企画している。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...