北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初年度来客 44万人 道の駅「ピア21しほろ」【士幌】

 道の駅「ピア21しほろ」が開設してもうすぐ1年。オープン初年度の来場者数は44万6101人で、見込み数(30万9000人)の約1.5倍の人が訪れた。次々と展開した新商品の開発に加え、利用者が過ごしやすい空間づくりを進めてきたことが誘客につながった。

初年度は44万人が訪れた道の駅「ピア21しほろ」

 夏場は1日当たり平日1000人以上、土日3000人が来場。特にオープン直後の4月下旬は1週間で約2万8000人が訪れた。冬場は平日500人、土日700人だった。

 レストランやカフェ、ショップの運営を担うat LOCAL(堀田悠希社長)は、利用者に気持ち良く過ごしてもらおうと、一人ひとりに寄り添った施設づくりを意識している。当初よりもショップのカウンターを低くし、商品を籠いっぱいに詰めた高齢者も利用しやすくした。

 「町民にも愛される道の駅」を目指し、リピーター客を増やすのも目標。特に商品では、レストラン「にじいろ食堂」で午前9時からトーストやコーヒーを提供するモーニングサービスを始めたり、高級なジュースやタオルなどの販売コーナーを設けたりするなど、常に変化を求めて運営してきた。地元住民からも「来るたびに(サービス内容が)変わっていくね」といううれしい声も聞こえてくる。

 同社では「日本一の道の駅」を今年度から3カ年の目標とし、具体的な内容について今後スタッフと協議していく考え。堀田社長は「土日にゆったりと過ごせ、お客さんの日常になるようなライフスタイルを提案できる道の駅にしていきたい」と話している。

 22日にはオープン1周年を記念して「道の駅ピア21しほろの誕生祭」を企画している。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...