北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初年度来客 44万人 道の駅「ピア21しほろ」【士幌】

 道の駅「ピア21しほろ」が開設してもうすぐ1年。オープン初年度の来場者数は44万6101人で、見込み数(30万9000人)の約1.5倍の人が訪れた。次々と展開した新商品の開発に加え、利用者が過ごしやすい空間づくりを進めてきたことが誘客につながった。

初年度は44万人が訪れた道の駅「ピア21しほろ」

 夏場は1日当たり平日1000人以上、土日3000人が来場。特にオープン直後の4月下旬は1週間で約2万8000人が訪れた。冬場は平日500人、土日700人だった。

 レストランやカフェ、ショップの運営を担うat LOCAL(堀田悠希社長)は、利用者に気持ち良く過ごしてもらおうと、一人ひとりに寄り添った施設づくりを意識している。当初よりもショップのカウンターを低くし、商品を籠いっぱいに詰めた高齢者も利用しやすくした。

 「町民にも愛される道の駅」を目指し、リピーター客を増やすのも目標。特に商品では、レストラン「にじいろ食堂」で午前9時からトーストやコーヒーを提供するモーニングサービスを始めたり、高級なジュースやタオルなどの販売コーナーを設けたりするなど、常に変化を求めて運営してきた。地元住民からも「来るたびに(サービス内容が)変わっていくね」といううれしい声も聞こえてくる。

 同社では「日本一の道の駅」を今年度から3カ年の目標とし、具体的な内容について今後スタッフと協議していく考え。堀田社長は「土日にゆったりと過ごせ、お客さんの日常になるようなライフスタイルを提案できる道の駅にしていきたい」と話している。

 22日にはオープン1周年を記念して「道の駅ピア21しほろの誕生祭」を企画している。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...