北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

製鉄病院と室蘭、登別消防本部が救急患者の心電図伝送【室蘭、登別】

心疾患の救命率向上にもつながる「クラウド型12誘導心電図伝送システム」の試験運用を前に、操作方法を確認する関係者ら=11日、製鉄記念室蘭病院

 製鉄記念室蘭病院(前田征洋病院長)と、室蘭、登別両市の消防本部は、心疾患の診断に不可欠な「12誘導心電図のデータ」を救急搬送中に取得し、モバイルを使って医療機関に伝送するシステムについて、16日から試験運用(実証実験)を始める。道内では初の取り組みという。不安定狭心症や急性心筋梗塞など、突然死との関連が高い心疾患の救命率向上に期待が集まっている。

 このシステムは、総合医療機器グループ・メハーゲングループ(本社福岡市)が開発した「クラウド型12誘導心電図伝送システム」。救急出動した現場で、救急隊員らが患者の心電図を測定すると、データがサーバーに伝送され、医師らがサーバーのデータを閲覧。症状を確認したり、診断や治療方針の決定、治療チームの招集、手術室の準備などが可能になる。

 このため、発症から6時間以内に治療を受けることができれば、心臓のダメージを最小限にとどめることができるといわれる急性心筋梗塞や、迅速な対応が求められる不安定狭心症などの心疾患で、「早期の救命や社会復帰率の向上が大きく期待できる」(高橋弘循環器内科科長)。さらに、静止画や動画送信もできるため患者の表情などの確認が可能だ。

 このシステムは、すでに横浜市や岩手県宮古市などで導入されているが、道内での運用は初。当面は、室蘭、登別両消防本部の救急車各1台の計2台で試験運用する。

 11日夜には、室蘭市知利別町の同病院がん診療センターで、同システムの説明会・模擬訓練が行われ、同病院スタッフや両市消防本部の担当者ら約60人が操作方法などを確認した。

 西胆振医療圏(西胆振管内3市3町)では現在、循環器疾患が疑われる救急患者の大半が同病院に運ばれている。このうち、室蘭、登別両消防本部の救急隊が昨年、同病院に搬送した循環器疾患が疑われる患者は約480件。前田院長は「西胆振医療圏の救急体制をより強固にし、救命率向上につなげたい」と話している。

 同病院と室蘭、登別両消防本部では「12誘導心電図伝送システム」の設置と運用に関する協定も締結する方針だ。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...