北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

製鉄病院と室蘭、登別消防本部が救急患者の心電図伝送【室蘭、登別】

心疾患の救命率向上にもつながる「クラウド型12誘導心電図伝送システム」の試験運用を前に、操作方法を確認する関係者ら=11日、製鉄記念室蘭病院

 製鉄記念室蘭病院(前田征洋病院長)と、室蘭、登別両市の消防本部は、心疾患の診断に不可欠な「12誘導心電図のデータ」を救急搬送中に取得し、モバイルを使って医療機関に伝送するシステムについて、16日から試験運用(実証実験)を始める。道内では初の取り組みという。不安定狭心症や急性心筋梗塞など、突然死との関連が高い心疾患の救命率向上に期待が集まっている。

 このシステムは、総合医療機器グループ・メハーゲングループ(本社福岡市)が開発した「クラウド型12誘導心電図伝送システム」。救急出動した現場で、救急隊員らが患者の心電図を測定すると、データがサーバーに伝送され、医師らがサーバーのデータを閲覧。症状を確認したり、診断や治療方針の決定、治療チームの招集、手術室の準備などが可能になる。

 このため、発症から6時間以内に治療を受けることができれば、心臓のダメージを最小限にとどめることができるといわれる急性心筋梗塞や、迅速な対応が求められる不安定狭心症などの心疾患で、「早期の救命や社会復帰率の向上が大きく期待できる」(高橋弘循環器内科科長)。さらに、静止画や動画送信もできるため患者の表情などの確認が可能だ。

 このシステムは、すでに横浜市や岩手県宮古市などで導入されているが、道内での運用は初。当面は、室蘭、登別両消防本部の救急車各1台の計2台で試験運用する。

 11日夜には、室蘭市知利別町の同病院がん診療センターで、同システムの説明会・模擬訓練が行われ、同病院スタッフや両市消防本部の担当者ら約60人が操作方法などを確認した。

 西胆振医療圏(西胆振管内3市3町)では現在、循環器疾患が疑われる救急患者の大半が同病院に運ばれている。このうち、室蘭、登別両消防本部の救急隊が昨年、同病院に搬送した循環器疾患が疑われる患者は約480件。前田院長は「西胆振医療圏の救急体制をより強固にし、救命率向上につなげたい」と話している。

 同病院と室蘭、登別両消防本部では「12誘導心電図伝送システム」の設置と運用に関する協定も締結する方針だ。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...