北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

入館者 過去10年で最多 ナウマン象記念館【幕別】

 幕別町営の忠類ナウマン象記念館(町忠類白銀町)の昨年度入館者数が1万3858人とこの10年で最多となった。町教委はナウマン公園に大型遊具が整備されて親子連れらの来訪が増えたことや昨年9月の企画展が大きな要因とみている。今年度は開館から30年を迎え、さらなる来館者増を目指す。

ナウマンゾウの全身骨格模型などが展示されている忠類ナウマン象記念館

 忠類地区では1969年に世界的にも珍しいナウマンゾウの全身骨格化石を発掘。旧忠類村が発見を記念し、同館を88年8月にオープンした。ナウマンゾウの復元骨格のレプリカが主展示室に配置され、貴重な研究資料や当時の映像なども鑑賞できる。

 入館者数はオープンした88年度に5万2840人と最多を記録し、その後は年々減少。2012年度に9666人と初めて1万人を割った以降は徐々に持ち直し、昨年度の入館者数は06年度の1万4361人以来となる高い数字となった。

 近隣のナウマン公園は一昨年秋から昨年夏にかけて、長さ40メートルのローラー滑り台や大型の親水滑り台など遊具5基を整備。遊びに訪れる家族連れなどが大幅に増加し、同館への来場にもつながった。

 昨年9月1日~10月1日には企画展「ナウマンゾウとマンモス」を開催。北海道博物館(札幌)が所蔵している約50年前の忠類ナウマンゾウの実物化石が“里帰り”し、好評を博した。昨年9月の入館者数は1092人と前年同期の656人を大きく上回った。

 30周年の今年度は再び北海道博物館の協力を得て、9月に化石に関する企画展を開催し、貝化石の発掘体験会も開く予定。さらに来年度はナウマンゾウ発掘から半世紀を迎えるため、特別なイベントも検討している。

 町教委教育部は「大勢の方に来場してもらえるのはうれしい。節目が続くので、改めて忠類でナウマンゾウが発掘されたことに関心を持ってほしい」と話している。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...