北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

入館者 過去10年で最多 ナウマン象記念館【幕別】

 幕別町営の忠類ナウマン象記念館(町忠類白銀町)の昨年度入館者数が1万3858人とこの10年で最多となった。町教委はナウマン公園に大型遊具が整備されて親子連れらの来訪が増えたことや昨年9月の企画展が大きな要因とみている。今年度は開館から30年を迎え、さらなる来館者増を目指す。

ナウマンゾウの全身骨格模型などが展示されている忠類ナウマン象記念館

 忠類地区では1969年に世界的にも珍しいナウマンゾウの全身骨格化石を発掘。旧忠類村が発見を記念し、同館を88年8月にオープンした。ナウマンゾウの復元骨格のレプリカが主展示室に配置され、貴重な研究資料や当時の映像なども鑑賞できる。

 入館者数はオープンした88年度に5万2840人と最多を記録し、その後は年々減少。2012年度に9666人と初めて1万人を割った以降は徐々に持ち直し、昨年度の入館者数は06年度の1万4361人以来となる高い数字となった。

 近隣のナウマン公園は一昨年秋から昨年夏にかけて、長さ40メートルのローラー滑り台や大型の親水滑り台など遊具5基を整備。遊びに訪れる家族連れなどが大幅に増加し、同館への来場にもつながった。

 昨年9月1日~10月1日には企画展「ナウマンゾウとマンモス」を開催。北海道博物館(札幌)が所蔵している約50年前の忠類ナウマンゾウの実物化石が“里帰り”し、好評を博した。昨年9月の入館者数は1092人と前年同期の656人を大きく上回った。

 30周年の今年度は再び北海道博物館の協力を得て、9月に化石に関する企画展を開催し、貝化石の発掘体験会も開く予定。さらに来年度はナウマンゾウ発掘から半世紀を迎えるため、特別なイベントも検討している。

 町教委教育部は「大勢の方に来場してもらえるのはうれしい。節目が続くので、改めて忠類でナウマンゾウが発掘されたことに関心を持ってほしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...