北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

入館者 過去10年で最多 ナウマン象記念館【幕別】

 幕別町営の忠類ナウマン象記念館(町忠類白銀町)の昨年度入館者数が1万3858人とこの10年で最多となった。町教委はナウマン公園に大型遊具が整備されて親子連れらの来訪が増えたことや昨年9月の企画展が大きな要因とみている。今年度は開館から30年を迎え、さらなる来館者増を目指す。

ナウマンゾウの全身骨格模型などが展示されている忠類ナウマン象記念館

 忠類地区では1969年に世界的にも珍しいナウマンゾウの全身骨格化石を発掘。旧忠類村が発見を記念し、同館を88年8月にオープンした。ナウマンゾウの復元骨格のレプリカが主展示室に配置され、貴重な研究資料や当時の映像なども鑑賞できる。

 入館者数はオープンした88年度に5万2840人と最多を記録し、その後は年々減少。2012年度に9666人と初めて1万人を割った以降は徐々に持ち直し、昨年度の入館者数は06年度の1万4361人以来となる高い数字となった。

 近隣のナウマン公園は一昨年秋から昨年夏にかけて、長さ40メートルのローラー滑り台や大型の親水滑り台など遊具5基を整備。遊びに訪れる家族連れなどが大幅に増加し、同館への来場にもつながった。

 昨年9月1日~10月1日には企画展「ナウマンゾウとマンモス」を開催。北海道博物館(札幌)が所蔵している約50年前の忠類ナウマンゾウの実物化石が“里帰り”し、好評を博した。昨年9月の入館者数は1092人と前年同期の656人を大きく上回った。

 30周年の今年度は再び北海道博物館の協力を得て、9月に化石に関する企画展を開催し、貝化石の発掘体験会も開く予定。さらに来年度はナウマンゾウ発掘から半世紀を迎えるため、特別なイベントも検討している。

 町教委教育部は「大勢の方に来場してもらえるのはうれしい。節目が続くので、改めて忠類でナウマンゾウが発掘されたことに関心を持ってほしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...