北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

入館者 過去10年で最多 ナウマン象記念館【幕別】

 幕別町営の忠類ナウマン象記念館(町忠類白銀町)の昨年度入館者数が1万3858人とこの10年で最多となった。町教委はナウマン公園に大型遊具が整備されて親子連れらの来訪が増えたことや昨年9月の企画展が大きな要因とみている。今年度は開館から30年を迎え、さらなる来館者増を目指す。

ナウマンゾウの全身骨格模型などが展示されている忠類ナウマン象記念館

 忠類地区では1969年に世界的にも珍しいナウマンゾウの全身骨格化石を発掘。旧忠類村が発見を記念し、同館を88年8月にオープンした。ナウマンゾウの復元骨格のレプリカが主展示室に配置され、貴重な研究資料や当時の映像なども鑑賞できる。

 入館者数はオープンした88年度に5万2840人と最多を記録し、その後は年々減少。2012年度に9666人と初めて1万人を割った以降は徐々に持ち直し、昨年度の入館者数は06年度の1万4361人以来となる高い数字となった。

 近隣のナウマン公園は一昨年秋から昨年夏にかけて、長さ40メートルのローラー滑り台や大型の親水滑り台など遊具5基を整備。遊びに訪れる家族連れなどが大幅に増加し、同館への来場にもつながった。

 昨年9月1日~10月1日には企画展「ナウマンゾウとマンモス」を開催。北海道博物館(札幌)が所蔵している約50年前の忠類ナウマンゾウの実物化石が“里帰り”し、好評を博した。昨年9月の入館者数は1092人と前年同期の656人を大きく上回った。

 30周年の今年度は再び北海道博物館の協力を得て、9月に化石に関する企画展を開催し、貝化石の発掘体験会も開く予定。さらに来年度はナウマンゾウ発掘から半世紀を迎えるため、特別なイベントも検討している。

 町教委教育部は「大勢の方に来場してもらえるのはうれしい。節目が続くので、改めて忠類でナウマンゾウが発掘されたことに関心を持ってほしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...