北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

加工用キャベツ栽培へ 協議会設立【本別】

 本別町内の農業斉藤一成さん(51)=西美里別=ら3戸が協議会をつくり、今年産から新規作物として加工用キャベツを手掛ける。JA本別町管内では初めてで、環太平洋連携協定(TPP)を視野に入れての取り組み。収穫機を導入し、初年度は計5ヘクタールで栽培する。

新規に取り組む加工用キャベツの種を手にする斉藤さん

 取り組む3戸は斉藤さんのほか、西美里別の前佛健一さん、勇足の山下博志さん。

 斉藤さんは小麦やジャガイモなど畑作4品の農家(48ヘクタール)。TPPが発効に向けて動きだす中、「今後の国の農業政策が覆った場合、新規作物が必要になってくる」と昨年、加工用キャベツを試験的に作った。

 芽が大きくなり過ぎて移植したため、畝からずれて成長する課題もあったが、収穫機(約1000万円)を購入しても採算ベースに乗ると判断。今年に入り、3戸で「加工用キャベツ生産集団協議会」を立ち上げ、実践することにした。

 品種のメインは「おきな」。4月中旬にペーパーポットで種を育成し、3週間ほど芽出しさせ、ゴールデンウイーク明けにほ場へ移植する。90日間管理し、お盆前から10月まで収穫していく運び。

 生産した加工用キャベツはホクレンを通じ、コンビニのカット野菜などに使われるという。JA本別町によると、鹿追や芽室などでも同作物の栽培は進む。東北部十勝では初めての試み。

 同協議会会長でもある斉藤さんは「草の手取りや虫の防除が必要だが、特に手間はかからない。来年以降は7、8ヘクタールの面積にまでもっていきたい」と話す。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...