北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

加工用キャベツ栽培へ 協議会設立【本別】

 本別町内の農業斉藤一成さん(51)=西美里別=ら3戸が協議会をつくり、今年産から新規作物として加工用キャベツを手掛ける。JA本別町管内では初めてで、環太平洋連携協定(TPP)を視野に入れての取り組み。収穫機を導入し、初年度は計5ヘクタールで栽培する。

新規に取り組む加工用キャベツの種を手にする斉藤さん

 取り組む3戸は斉藤さんのほか、西美里別の前佛健一さん、勇足の山下博志さん。

 斉藤さんは小麦やジャガイモなど畑作4品の農家(48ヘクタール)。TPPが発効に向けて動きだす中、「今後の国の農業政策が覆った場合、新規作物が必要になってくる」と昨年、加工用キャベツを試験的に作った。

 芽が大きくなり過ぎて移植したため、畝からずれて成長する課題もあったが、収穫機(約1000万円)を購入しても採算ベースに乗ると判断。今年に入り、3戸で「加工用キャベツ生産集団協議会」を立ち上げ、実践することにした。

 品種のメインは「おきな」。4月中旬にペーパーポットで種を育成し、3週間ほど芽出しさせ、ゴールデンウイーク明けにほ場へ移植する。90日間管理し、お盆前から10月まで収穫していく運び。

 生産した加工用キャベツはホクレンを通じ、コンビニのカット野菜などに使われるという。JA本別町によると、鹿追や芽室などでも同作物の栽培は進む。東北部十勝では初めての試み。

 同協議会会長でもある斉藤さんは「草の手取りや虫の防除が必要だが、特に手間はかからない。来年以降は7、8ヘクタールの面積にまでもっていきたい」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...