北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

加工用キャベツ栽培へ 協議会設立【本別】

 本別町内の農業斉藤一成さん(51)=西美里別=ら3戸が協議会をつくり、今年産から新規作物として加工用キャベツを手掛ける。JA本別町管内では初めてで、環太平洋連携協定(TPP)を視野に入れての取り組み。収穫機を導入し、初年度は計5ヘクタールで栽培する。

新規に取り組む加工用キャベツの種を手にする斉藤さん

 取り組む3戸は斉藤さんのほか、西美里別の前佛健一さん、勇足の山下博志さん。

 斉藤さんは小麦やジャガイモなど畑作4品の農家(48ヘクタール)。TPPが発効に向けて動きだす中、「今後の国の農業政策が覆った場合、新規作物が必要になってくる」と昨年、加工用キャベツを試験的に作った。

 芽が大きくなり過ぎて移植したため、畝からずれて成長する課題もあったが、収穫機(約1000万円)を購入しても採算ベースに乗ると判断。今年に入り、3戸で「加工用キャベツ生産集団協議会」を立ち上げ、実践することにした。

 品種のメインは「おきな」。4月中旬にペーパーポットで種を育成し、3週間ほど芽出しさせ、ゴールデンウイーク明けにほ場へ移植する。90日間管理し、お盆前から10月まで収穫していく運び。

 生産した加工用キャベツはホクレンを通じ、コンビニのカット野菜などに使われるという。JA本別町によると、鹿追や芽室などでも同作物の栽培は進む。東北部十勝では初めての試み。

 同協議会会長でもある斉藤さんは「草の手取りや虫の防除が必要だが、特に手間はかからない。来年以降は7、8ヘクタールの面積にまでもっていきたい」と話す。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...