北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

加工用キャベツ栽培へ 協議会設立【本別】

 本別町内の農業斉藤一成さん(51)=西美里別=ら3戸が協議会をつくり、今年産から新規作物として加工用キャベツを手掛ける。JA本別町管内では初めてで、環太平洋連携協定(TPP)を視野に入れての取り組み。収穫機を導入し、初年度は計5ヘクタールで栽培する。

新規に取り組む加工用キャベツの種を手にする斉藤さん

 取り組む3戸は斉藤さんのほか、西美里別の前佛健一さん、勇足の山下博志さん。

 斉藤さんは小麦やジャガイモなど畑作4品の農家(48ヘクタール)。TPPが発効に向けて動きだす中、「今後の国の農業政策が覆った場合、新規作物が必要になってくる」と昨年、加工用キャベツを試験的に作った。

 芽が大きくなり過ぎて移植したため、畝からずれて成長する課題もあったが、収穫機(約1000万円)を購入しても採算ベースに乗ると判断。今年に入り、3戸で「加工用キャベツ生産集団協議会」を立ち上げ、実践することにした。

 品種のメインは「おきな」。4月中旬にペーパーポットで種を育成し、3週間ほど芽出しさせ、ゴールデンウイーク明けにほ場へ移植する。90日間管理し、お盆前から10月まで収穫していく運び。

 生産した加工用キャベツはホクレンを通じ、コンビニのカット野菜などに使われるという。JA本別町によると、鹿追や芽室などでも同作物の栽培は進む。東北部十勝では初めての試み。

 同協議会会長でもある斉藤さんは「草の手取りや虫の防除が必要だが、特に手間はかからない。来年以降は7、8ヘクタールの面積にまでもっていきたい」と話す。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...