北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室の歩み かるたに シニアカレッジ【芽室】

 芽室町教委主催のシニアライフカレッジの第3期(2015~16年度)塾生(貫田正博塾生代表)が「めむろふるさといろはかるた」を制作した。芽室の歴史や自然、文化、産業を題材とし、楽しみながら芽室について学べる内容となっている。

芽室の歴史や文化を学べる「めむろふるさといろはかるた」。右が佐野さん

 同カレッジは定年退職前後の人を対象に地域活動への参加や生きがいづくりの提供を目的に開催し、昨年3月で終了した。

 講座を通し芽室の歴史を学ぶ中で、成果物としてかるたを制作することに。塾生たちが読み札を考え、取り札は芽室西中の卒業生の佐々木美奈実さん、庄司優花さん、高齢者学級めむろ柏樹学園絵手紙クラブの中野春美さんの絵や、町が所有する写真を使った。

 「忘れない芽室大火の赤い空」「ビート載せ十鉄走れ汽車ぽっぽ」「ユニセフとWHOから『赤ちゃんに優しい病院』に認定 公立芽室病院」「高野極楽園かつてあった彫刻の森」など塾生たちが頭をひねった読み札からは“知られざる”芽室の歴史も学べる。読み札に合わせて描いた佐々木さんの水彩画などの取り札も力作がそろう。かるたの題字は町内の書家八重柏冬雷さんが揮ごうした。

 町教委生涯学習推進アドバイザーの佐野悦子さんは「芽室の歴史や自然には宝物がたくさんある。かるたでの遊びを通して知ってもらえたら」と話す。A4判とA6判の大小セットを町内小・中学校7校や子どもセンターなどに寄贈した。16日からは町中央公民館で展示する。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...