北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

善意で消火器使用。無償交換します 道消防設備協苫小牧・室蘭支部と協定-日胆9消防本部

協定書を交わした鈴木支部長(左から5人目)と、日胆地区の消防長

 北海道消防設備協会苫小牧・室蘭支部(鈴木裕章支部長)と胆振、日高管内の9消防本部は12日、住民が近隣の民家などの火災で、自宅の消火器を使った際、同協会が無償で新品への交換や消火薬剤の詰め替えを行う協定を結んだ。各消防本部が住民からの交換申請を受け付ける。火災現場に遭遇した住民に経済的負担を気にせず、初期消火などに協力してもらいたい考えだ。

 協定は、住民が個人所有の消火器で善意の消火活動に当たった場合、各消防本部に申請すると、同協会の費用負担で消火剤詰め替えや新しい消火器との交換を受けられる内容。消火活動の確認は各消防職員が担う。

 日胆の消防設備業者29社で構成する同支部は、社会貢献を目的に2014年に苫小牧市、室蘭市、登別市、西胆振行政事務組合の4機関と同様の協定を締結。これまでに21本の無償交換実績があるが今回、日胆全域をカバーするため、新たに協定を結んだ。

 一般家庭の消火器は1本当たり5000円程度。協定は消火器所有者の負担を軽減する狙いがあり、火災を起こした人や火災が起きた建物に住む人などは、補填(ほてん)の対象外となっている。

 この日、浦河町内の日高東部消防組合本部で行われた協定調印式には、日胆の9消防本部の消防長が出席。それぞれ署名後、同支部と協定書を交わした。

 苫小牧市消防本部の脇坂恭敬消防長は「消火活動に協力した住民の消火器交換費用が補填されるとても効果的な協定」と評価。同支部は「より多くの消防本部と協定を結べてよかった。初期消火で被害拡大を防ぐのに役立てば」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...