北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

善意で消火器使用。無償交換します 道消防設備協苫小牧・室蘭支部と協定-日胆9消防本部

協定書を交わした鈴木支部長(左から5人目)と、日胆地区の消防長

 北海道消防設備協会苫小牧・室蘭支部(鈴木裕章支部長)と胆振、日高管内の9消防本部は12日、住民が近隣の民家などの火災で、自宅の消火器を使った際、同協会が無償で新品への交換や消火薬剤の詰め替えを行う協定を結んだ。各消防本部が住民からの交換申請を受け付ける。火災現場に遭遇した住民に経済的負担を気にせず、初期消火などに協力してもらいたい考えだ。

 協定は、住民が個人所有の消火器で善意の消火活動に当たった場合、各消防本部に申請すると、同協会の費用負担で消火剤詰め替えや新しい消火器との交換を受けられる内容。消火活動の確認は各消防職員が担う。

 日胆の消防設備業者29社で構成する同支部は、社会貢献を目的に2014年に苫小牧市、室蘭市、登別市、西胆振行政事務組合の4機関と同様の協定を締結。これまでに21本の無償交換実績があるが今回、日胆全域をカバーするため、新たに協定を結んだ。

 一般家庭の消火器は1本当たり5000円程度。協定は消火器所有者の負担を軽減する狙いがあり、火災を起こした人や火災が起きた建物に住む人などは、補填(ほてん)の対象外となっている。

 この日、浦河町内の日高東部消防組合本部で行われた協定調印式には、日胆の9消防本部の消防長が出席。それぞれ署名後、同支部と協定書を交わした。

 苫小牧市消防本部の脇坂恭敬消防長は「消火活動に協力した住民の消火器交換費用が補填されるとても効果的な協定」と評価。同支部は「より多くの消防本部と協定を結べてよかった。初期消火で被害拡大を防ぐのに役立てば」としている。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...