北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

落石ネイチャークルーズ乗船客 29年度は1,042人【根室】

乗船客数が計画の1,000人を達成した落石ネイチャークルーズ

 漁船を利用し、洋上での野鳥観察が楽しめる「落石ネイチャークルーズ」の平成29年度の利用状況がこのほどまとまった。総乗船客数は1,042人で、過去最高となった平成27年度にはわずかに及ばなかったものの、二度目の計画1,000人を達成するなど過去二番目の記録となった。

 同ネイチャークルーズは、絶滅危惧種の珍鳥「エトピリカ」の繁殖地でもあるユルリ、モユルリ島周辺を2時間ほどかけて周遊する3コースを設定。運航には落石ネイチャークルーズ協議会を設立し、落石漁協所属の漁船7隻をクルーズ船として登録。地域密着型の遊覧事業として平成22年5月下旬にスタートして今年で9年目となった。主に国内の野鳥愛好家や団体ツアー客、リピーターなどが利用している。

 年間350人を目標に始まったクルーズは、初年度から576人が乗船。23年度には785人、24年度は891人と順調に乗船客数が増加。25年度は2月に大型低気圧の影響による欠航などで801人と減少したが、26年度は857人、27年度には過去最高の1,048人を記録した。

 28年度は8月の台風の影響による欠航が多かったものの、2月にツアーが多かったことなどから過去二番目となる943人が乗船。29年度は12月末までに前年同期を22.8パーセント上回る737人が利用していた。

 協議会がまとめた平成29年度の利用状況によると、総乗船客数は1,042人で、過去最高の1,048人をわずかに下回ったものの、二度目となる計画1,000人を達成し、過去二番目に多い乗船客数を記録した。

 利用者は60代が最も多く、男性222人、女性140人の計362人で全体の34.7パーセントを占めた。次いで70代が男性123人、女性97人の計220人で同21.1パーセント、50代が男性117人、女性74人の計191人で同18.3パーセント、このほか、40代が117人で同11.2パーセント、20代が70人で同6.7パーセントと続いている。

 地域別では全体の73.2パーセントの763人が道外の利用者で占められており、国外からの利用者は160人で15.4パーセント、道内からの利用者は92人で8.8パーセントなどとなっている。

 同協議会によると、29年度は運航率が82パーセントと前年72パーセントを10ポイント上回り、特に前年は台風の影響で8月の運航率が20パーセントにとどまっていたものが、今年は60パーセントを上回るなど「運航率が良かったことが前年を上回る乗船客数となった要因ではないか」と話していた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...