北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

落石ネイチャークルーズ乗船客 29年度は1,042人【根室】

乗船客数が計画の1,000人を達成した落石ネイチャークルーズ

 漁船を利用し、洋上での野鳥観察が楽しめる「落石ネイチャークルーズ」の平成29年度の利用状況がこのほどまとまった。総乗船客数は1,042人で、過去最高となった平成27年度にはわずかに及ばなかったものの、二度目の計画1,000人を達成するなど過去二番目の記録となった。

 同ネイチャークルーズは、絶滅危惧種の珍鳥「エトピリカ」の繁殖地でもあるユルリ、モユルリ島周辺を2時間ほどかけて周遊する3コースを設定。運航には落石ネイチャークルーズ協議会を設立し、落石漁協所属の漁船7隻をクルーズ船として登録。地域密着型の遊覧事業として平成22年5月下旬にスタートして今年で9年目となった。主に国内の野鳥愛好家や団体ツアー客、リピーターなどが利用している。

 年間350人を目標に始まったクルーズは、初年度から576人が乗船。23年度には785人、24年度は891人と順調に乗船客数が増加。25年度は2月に大型低気圧の影響による欠航などで801人と減少したが、26年度は857人、27年度には過去最高の1,048人を記録した。

 28年度は8月の台風の影響による欠航が多かったものの、2月にツアーが多かったことなどから過去二番目となる943人が乗船。29年度は12月末までに前年同期を22.8パーセント上回る737人が利用していた。

 協議会がまとめた平成29年度の利用状況によると、総乗船客数は1,042人で、過去最高の1,048人をわずかに下回ったものの、二度目となる計画1,000人を達成し、過去二番目に多い乗船客数を記録した。

 利用者は60代が最も多く、男性222人、女性140人の計362人で全体の34.7パーセントを占めた。次いで70代が男性123人、女性97人の計220人で同21.1パーセント、50代が男性117人、女性74人の計191人で同18.3パーセント、このほか、40代が117人で同11.2パーセント、20代が70人で同6.7パーセントと続いている。

 地域別では全体の73.2パーセントの763人が道外の利用者で占められており、国外からの利用者は160人で15.4パーセント、道内からの利用者は92人で8.8パーセントなどとなっている。

 同協議会によると、29年度は運航率が82パーセントと前年72パーセントを10ポイント上回り、特に前年は台風の影響で8月の運航率が20パーセントにとどまっていたものが、今年は60パーセントを上回るなど「運航率が良かったことが前年を上回る乗船客数となった要因ではないか」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス