北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館・新駅とニセコ間で定額運行 桔梗、東海ハイヤー【函館】

ニセコエリアや森町への定額運行を開始する桔梗ハイヤー

桔梗ハイヤー(函館市桔梗3、横田有一社長)と東海ハイヤー(海岸町9、同)は16日から、函館駅・新函館北斗駅から、森町、後志管内のニセコ・倶知安町エリア間の4区間で定額料金運行を始める。同業者に先駆けての開設で、地元客、観光客の新規需要の取り込みを図る。

 同社はこれまでに函館空港と桔梗・七飯町地区、新函館北斗駅と函館市内の定額料金サービスを展開し、今回、新たな申請が認可された。今後、札幌との定額運行の準備も進めている。

 国際的なリゾート地となったニセコ・倶知安エリアは冬期間を中心に外国人客の滞在が多い。同社は「札幌のタクシー会社は定額運行で新千歳空港とニセコエリアの需要を取り込んでいる」とし、同エリアと函館間のニーズの掘り起こしを図る。天候の影響などで、JRが運休したり、新千歳行きの航空機が函館に降りるケースも想定され、函館側から送客するだけではなく、ニセコからの来函需要も開拓する考えだ。

 通常のタクシー運賃では、函館駅前からニセコ町まで乗車した場合、4万3000円から5万円程度かかるが定額運賃は小型車(4人乗り)で3万9500円、新函館北斗駅からは3万5500円となり、所要時間は3時間程度を見込む。森町へは函館駅からが8500円、新函館北斗駅からで6000円で運行。函館からは従来より3000円程度割安となる。地元客の利用ばかりではなく、水産加工場などビジネス需要も利用を見込む。

 横田社長は「料金を明示することで安心して乗っていただけるようにしたい。ニセコ地域での周知も図りたい」としている。

 利用には事前予約が必要。ジャンボ(9人乗り)や大型車(トヨタ・アルファード、5人乗り)などの利用もできる。各運賃には障害者、高齢者割引、深夜早朝(午後10時~午前5時)の割増運賃もある。問い合わせは桔梗ハイヤー(0138・47・1400)、東海ハイヤー(同47・1410)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...