北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

思い出の地 やっと帰れた 台風流失の自宅再建【新得】

「やっと帰ることができた」。元の場所で再建した自宅と津田さん

 2016年夏の台風災害で被災した町内の津田忠雄さん(82)の自宅再建工事が完了した。土地ごと家を流されたパンケシントク川沿いの元の場所(町西1北2)での再建で、町によると、こうしたケースは初めてという。約1年半にわたる公営住宅での暮らしを終え、新たな一歩を踏み出した。

 「家づくりは生きがいだった」。10日、真新しい表札を玄関に掲げて津田さんが顔をほころばせた。被災した年の10月、車で数分の距離の公営住宅に入居できたが、間借りした集合住宅は「精神的な自由がなく窮屈だった」とストレスで体調も崩した。そんな中、自宅再建という目標を持てたことが「長い時間、前向きな気持ちを維持できることにつながった」という。

 亡き妻、3人の子どもと暮らした約30年間の思い出が詰まった家だった。「鉄道の見える景色は、独立して遠い場所に住む子どもたちとのつながりを感じさせてくれる。この場所が一番だった」。流出した私有地は、河川上流の復旧工事の残土を活用して戻すことができた。新居は1級建築士の資格を持つ津田さんが自ら設計を手掛けたが、建築資材や技術者の不足に伴う価格高騰など、想像もしない壁にぶつかった。

 昨年夏には家づくりが一時中断。積雪で公共の復旧工事が休止する冬を待ち、11月末に再開させた。

 完成した新居は木造平屋建てで床面積46平方メートル。次男(36)との2人暮らし。元の家の半分程度の規模だが、それでも随所にこだわりを散りばめ、居間南側の大きな窓(高さ1.8メートル、幅3メートル)は一番のお気に入りだ。「日当たりの良い部屋で読書ができる。今の精いっぱいを注いだ」。休止していた町内会への復帰も果たし、「やっと帰ることができた。ここで幸せに老いを迎えたい」と話す。

 台風災害により、新得町では今も5世帯7人、清水町でも7世帯9人が公営住宅に入居する。

 津田さん宅の前を流れるパンケシントク川は、河川の拡幅や湾曲部解消、橋の架け替えなど19年度まで復旧工事が続く見込み。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...